« ちっちゃくてかわいい | トップページ | ホルモン治療、開始 »

2009年6月28日 (日)

ちっちゃくてかわいい 【番外編】

タンザニアにお住まいのM田さんが、「我が子」のように可愛がっているという、双子ちゃんの写真を送ってくれました。「人の子」の写真ですが、あんまり愛らしかったので、ここにご紹介~。

Kurwa_na_dodo_by_morita_s_2生後半年くらいの、左が男の子で、右が女の子だそうです。

生後1年くらいまでは、その「ちっちゃさ」ゆえに、どの乳児も無条件でかわいいものですが、双子で、しかも、タンザニアなのになんだか「ボア」のようなものに包まれている、という演出がまた、かわいさを引き立てています。

ついでに、我が子の写真もご紹介~。

「父親参観日」にて。(母親は教室の中に入れないので、外から撮影)

20090614a_2あいかわらず、七海は「わたしが。わたしが!」

気がつくと、まん中へ出て行って「オンステージ」状態に。

その後、お父さんたちと一緒にフープ遊びなどをするも、ほとんど、自分のやりたいようにやっていた七海ちゃんでした。

「ルール無用」。・・・ そんな七海を見ていて、この言葉がずっと頭の中を廻っておりました。

20090621_2その前日、2代目タイガーマスク・三沢が亡くなったこともあって、アニメ『タイガーマスク』のオープニングソングの一節に、そんな言葉があったなぁと、そればかりが思い起こされた父親参観日でした。

<ななみがナンバー・ワン!>

競泳スタイルなのか、グレコローマンスタイルなのか。・・・ やや分かりにくいところではあるが、ちっちゃいのに「不敵さ」は一人前である。

チャンピオン・メダルには、《おとうさん、ありがとう》の文字が・・(^_^;)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

しかし、2歳8ヵ月で歩き始めた七海の足元は、まだおぼつかないところがある。足もちっちゃく、まだ12cmの靴を履いている。靴は、リハビリの先生に勧められて以来、ずっとアシックスの《すくすくシリーズ》である。

20090606最近、12cmの靴では窮屈になってきたように見えたので、新しい靴を買うことにした。

<初めて、足型を取ってもらいました>

このお店は、リカちゃんが買ってもらったオーストリア製のリヒターという靴を取り扱っているということで、それを買う気で行ったのだが、足型を取り終えたフィッターさんは、意外にも、「ななみちゃんの場合、リヒターのような高い靴を買わなくても、すくすくで十分ですよ」とおっしゃった。

今まで、靴などには無頓着で無知な私であったが、ちょっと調べてみると、まぁ、子どもの靴選びは、かなり重要なのだということが、さすがの私にも分かった。しかも、ななみのような、ちっちゃくて、歩き方もまだしっかりしていないような足にとっては、しっかりとサポートする靴が必要なのだ。そして、こと靴にかんしては、やっぱりヨーロッパ、特にドイツが先進である、ということも分かった。さすが、マイスターの国。

でも、ななみには、そこまでは必要ないとのこと。
で、結局、いつもの《すくすくシリーズ》の12.5cmを取り寄せてもらうことになった。

ただし、《すくすくシリーズ》にもいくつか種類があって、その中でも、つま先がカーブして上を向いているタイプがお勧めだとか。底がペタンとまっすぐなのより、先が曲がっている方が歩きやすいらしい。

全部見てもらおうと思って持って行った七海の靴の中に、そういうペタンとしたのが1足あった。「あ、これは履かせない方がいいですね」
むむ。するどい。これは、バーゲンで買ったやつではないか。

「あ、靴はバーゲンで買ってはだめですよ。たいてい、型が悪いか、型がよくても、変な色のしか残ってなかったりしますから。」
むむむ。するどい。型がOKで、かなりショッキングな紫の靴。これ、バーゲンで買ったやつです・・。

「あ、この靴は、絶対履かせちゃだめですよ。」
フィッターさんが指さした靴は、アップリカのちょっとかわいいブーツタイプの靴である。
むむむむ。ごめんなさーい。もう、バーゲンで靴は買いませんってばぁ。
(ちなみに、これは、バーゲン以前に、「アップリカ」のような、靴が専門でない会社が作ったような靴は「論外」、ということでした。)

20090614b<どれにしようかなぁ~・・・>

取り寄せてもらった12.5cmの靴を並べられて、迷う七海。
いや、本人は、迷っているんだか、どうだか。
「これにする?」と見せられれば、「うんっ!」

「いや、やっぱり、こっちがいいんじゃない?」と言われても、「うんっ!」

「やっぱり、こっちにしとこっか」

で、いちおう、本人が選んだ風を装って、手前の2足をお買い上げ。
結局、ピンク系を選んでしまったのは、私の本意ではありません。
何かにつけて私と趣味が正反対の七海の祖母(私の実母でもある)が、私が選ぶ青・みどり系グッズに、「女の子はやっぱり、ピンクとかがかわいいのに!」とか、いちいちケチをつけるので、

それがうるさいので、つい妥協してしまいましたっ。

« ちっちゃくてかわいい | トップページ | ホルモン治療、開始 »

コメント

我が家も一番手前のすくすくをザンジバルで履いてます!二代目です。初代は誕生日にじじばばがくれたのですが、母が間違って船便で送ってしまい半年後に届いた際にはもちろん履けませんでした。
今回の帰国でも早速新しいすくすくを買いましたが、一緒に買ったNBのサンダルタイプが履かせやすくてそればかり履いてます(ほんと楽なんです、親が…)。売り場のお姉さん曰く、人それぞれといえど1年で3足くらいサイズが変わるとか。姪っ子は6足以上いるようです(ちなみに小3で23.5cm)。うちはまだ読めませんが、1年分靴を買って帰るとなるとイタイ出費です。いや、ここはけちってはだめですが…。バーゲンとか安いのはだめだって先生もここで書かれてるわけですし。Bi Kidudeに裸足でいいのよって叱られそうです…。私も「靴なんて履いてるからやわやわな足してるんだ」って説教されました。

shoe Mama Miyuri
あー、Miyuriちゃんとおそろいなんですね、靴。 Miyuriちゃんも12cmくらい?
でも、半年くらいで買い替えなきゃいけないなんて、高くつきますよね、子どもの靴は。
Miyuriちゃんに七海の「お下がり」、送ってあげようか?と思ったけど、たぶん、七海がMiyuriちゃんの「お下がり」をもらう日が近いような・・・(^_^;)
しかし、Bi.Kidudeのおっしゃる通り、「裸足で土の上を歩く」のが、足には一番いい、とシューフィッターさんも言ってました。日本ではそういう環境はのぞむべくもないのですが、タンザニアなら、<説得力大>ですよね、やっぱりscissors

子供ちゃんの靴選びって、すごく大切なんですねぇ~。
私、このブログを拝読していなければ、将来(願わくば)子供を持った時に間違いなくバーゲンで買ってたと思います(汗)。そういう意味でも、こちらのブログでは色々と予習させていただいておりますm(_ _)m

Mama Miyuriさま、Bi Kidudeは相変わらずお元気でいらっしゃるでしょうか?一度お目にかかってみたいものですが(Ngome Kongweのステージで少しだけ遠目に拝見しただけで・・・)、それまでお元気でいていただきたいです。やはり裸足が長生きの秘訣でしょうかね?

boutique のせぽんさま
そういえば、私はさらっと流してしまいましたが、Mama Miyuriは、Bi.Kidudeに「やわやわな足」と直接言われるくらい、親しいということですよね?・・・だとしたら、スゴイですね。いつまでもお元気で歌い続けていただきたいですねkaraoke

で、靴って、意外と大事でした・・。
実は、七海が足型をとってもらった後、「私もちょっと最近、足が痛くて」と、私自身が足型をとってもらったんですが、外反母趾の気があるは、土ふまずがベタンとなってきているは、で、私の方が<要注意>と言われてしまいましたsweat02 
そこで、「裸足で土の上を歩く状態が理想」と言われ、そのような状態を追求した、このドイツ製の靴がおすすめ!と言われ、結局そのお店で、ドイツ製のたーっかい靴を買ったのは、私でした・・。ぎゃふんdash

この記事へのコメントは終了しました。

« ちっちゃくてかわいい | トップページ | ホルモン治療、開始 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ