« 【 卒論 口頭試問 】 | トップページ | 卒業式が終わって・・・ »

2010年3月11日 (木)

ジンクスの誕生

<ジンクス> などという大層な言葉を用いなければ、わが身に振りかかった不幸を理解し納得することなど、到底できそうもない。

はい、私限定の、しかもたった2回しか起こっていない事ですけど、新しいジンクス、できました。

いわく、

《このブログで、卒論の試問のことを書くと、私の車に、不幸が訪れる》

1回目は2007年2月16日の記事。試問で軽く <激昂> した様子と、その後に愛車のマーク X 君の顔面をしたたか擦って、カーコンビニクラブで「修理代18万円」と見積もられて泡を吹いた、という話を書いた。

(ちなみに、あの時の顔面のキズは、昔住んでいた家の近所の 『浅岡鈑金』 さんで、中古のバンパーを調達するという <裏技> を駆使していただき、それでも7,8万円かけて修理した。  とほほ。)

その後、2008年も2009年も、卒論の試問のことについては、軽く触れる程度で、その様子を詳しくは書いていない。

そして今回、久しぶりに書いた。  しかも、短めの3年前の記事とは異なり、見知らぬ学生さんへのサービスまで加えた、長めの <フルボッコ> バージョンである。で、自分の車が <フルボッコ> って、もう、冗談みたいなホントの話である。とほほほほぉ~ (T_T)

<激昂> の度合いと、車が受けたダメージが比例している点、ならびに、試問が終わって車が不幸に見舞われるまでの時間の長さが比例している点なども、「ジンクス」と呼ぶにふさわしい <神秘性> を備えている、と言えるでしょう。

あー、もう、多くは聞いてくれるな。

雨の日。 急ぎの用事。 微妙にあちこち渋滞。 よく使う抜け道。
警棒を振る警備員。 「工事です。行き止まりです」 
慌ててUターン。 バックで横道にお尻を振る。 ガシャン。 「ん?」
目を剥く警備員。 無視。 もう一度切り返してバック。
だからガシャンって。 イヤな汗。 バックミラーにポールの先。
それがどうなったかなど確かめる余裕もなく、慌てて走り去る。

 ブロロロローン!!! ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(o゜―゜)o

マーク X くんのお尻をみると、後続車からでも分かるくらい、へこんでいる。(あー、これが、まったく正しい 《へこんでいる》 の使い方ですね)

<破れたズボンのお尻を手で隠しながら走る人> のイメージで、マーク X くんを運転し、トヨタのディーラーに駆け込む。

大した当たりではなかったように思っていたのだが、見るなり営業マン、「お客さん、首、大丈夫でしたかっ!?」

って、そんなにひどい当たり?
それを裏付けるように、修理の見積もり金額をおっしゃった。「これは相当かかりますねぇ~。まぁ、30万くらいは見ておいてもらわないと・・・」

さ、さ、さ、さんじゅーまんっ!?
一体私が何をした、というのでしょう!?

<注意一秒、ケガ一生> とか言いますが、そのたぐいでしょうか。
頼みの 『浅岡鈑金』 さんでも、やっぱり「30万くらい」と言われ、「おかしい、これは何かが、おかしいぃぃっっ!」と、小雨降る天を仰いで唸ったのでありました。

がるるるるるるるぅ。

その時、ふっと、この不幸の原因が頭をよぎり、そこに、この新しいジンクスが誕生したのでありました。

《ブログで卒論試問のことを書くと、同じくらいの衝撃が、マーク X くんに跳ね返ってくる》

えらい個別具体的なジンクスではありますが、これでもって納得しないことには、どうにも30万円もの大金、出せませんがな。
そして、再び、天からの声が。

<もう二度と、ブログに、卒論試問の事は、書いてはならぬ>
ははー。

ということで、来年からは卒論の試問ネタ、封印されましたので、どちらさまも、滞りなく大過なく卒論を書いていただき、淡々と試問を完遂することといたしましょう。

downwardright しろうと目には「修理代10万円くらい?」と思ったが、トランクのドア部分ならびに車体枠にまで 《へこみ》 が及んでいるため、「30万」なん・だって・さっ♪

Mark_x

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20100311flower3月に入って、ようやく「春休み」らしくなってきたのに、こんな <ジンクス話> を書くことになろうとは、です。

ほんとは、きれいな花束の話や <ケータイ、ついに換えました> などの話を書こうとしたのでした。

tulip その1

U野さまご夫妻から、結婚記念日に花束をいただきました。
どうもありがとうございました<m(__)m>

この場を借りてさっそくお礼申し上げようと思っていたのに、こんなに遅くなってすみません。

あまりにもオシャレな花束で感激したので、ここにご披露~。

ななみちゃんにも持ってもらって、さらにもう1枚shine

Flower1

驚異的な生命力で、まだ、我が家のリビングを飾ってくれています。

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

mobilephone その2

2年前くらいからでしょうか、ソフトバンクから、『おたくの第二世代のケータイね、2010年3月で、もう使えなくなりますからね』 という手紙が届くようになった。

『早く買い換えましょう。今なら、こんな機種が無料。しかも、しゃべるお父さん犬付き』

しばらくすると、また。

『だいたい vodafone って・・・。 もう、ソフトバンクですからね。 ケータイも =SoftBank って書いてあるヤツにしましょうね。 今なら、歩くお父さん犬付き』

なんとなく買い換えそびれて、そのままにしていると。

『おたく、まだ換えてないんですか。 だから今どき、アンテナ付いてるケータイって、ナイですって。 どっちみち来年の3月までですよ。 今なら、しゃべるお父さん犬つきのスリッパ付き』

そうこうしているうちに、<戦友> のダンナが買い換えた。

『あれ、ダンナさん、買い換えましたけど? おたくまだ? ダンナさんのより、バージョンアップした無料機種、揃えました。 さらにしかも、特大歩くお父さん犬付き』

特に「意固地」になっていたわけではなかったのだが、こうなったら、最後まで <お手紙> をもらい続けようと思った。

今年の1月のお手紙が、きれいなパンフレット入りの最後だった。
『ほぉら、こんなにゴーカな無料機種のラインナップ。 どれにします? Bコースだと、特大歩くお父さん犬付き。』

そしてついに2月。地味なオレンジ色の小さな封筒に、非常に事務的な最後通牒が1枚。

『お客様の携帯電話機が使えなくなるまで、残り約1ヵ月です。』

やれやれ。 ついに慣れ親しんだケータイともお別れ。
2004年3月から使っていた超お気に入り。  何がいいって、メールを 【送信】 し終わると、そのまま待ち受け画面に戻るところ。

今のケータイは、【送信】 のあと、最低1回はボタンを押さないと待ち受け画面に戻らない。メールを見る時もしかり。 ボタン操作が1,2回余計にかかる。 それがちょっとイヤなんだなぁ~・・・。

お別れしたケータイの待ち受け画面は、故・太郎王太郎でした。
最初に設定した時のまま。 まぁ、これは、私の「コンサバ」な性格のあらわれですが。 (一旦設定したものを、なかなか換えたがらない、という性格です。このブログのテンプレートデザインも、たとえば、季節ごとに換えてみようかと思ったりもするのに、初期設定から1度も換えていない。やっぱり、ある意味、「意固地」なのでしょうか)

Mobile_2新しいケータイは、せめて形だけでもシンプルに、と、折りたたみもせず、スライドもしないタイプに。

ところが、噂には聞いていたが、やっぱりカバンに入れて持ち運ぶと、勝手にボタンが押されている! 

その防止のために、【誤動作防止】 ボタンを押しておかないといけないのだけど、あー、それじゃ、また、ボタン操作が1回余計にかかるじゃないのぉ~(T_T)

« 【 卒論 口頭試問 】 | トップページ | 卒業式が終わって・・・ »

コメント

 わー、やっちゃいましたか。大変でしたね。僕も実家の車(それも全く同じ部分!)を思い切りへこませたことがあるので、その落ち込み具合はよくわかる気がします。
 学生諸氏の動向は、今後も続くのかどうかも気になるところですが、こんなジンクスははやくなくなるといいですねー。
 携帯電話、買い換えたのですね。それにしても、例の「必殺」プロジェクトでいうと、こういった新製品の動向に異常に詳しいF先生とは対照的で、面白いなあと勝手にほくそえんでおります(笑)

rvcar T-kie さま

ははは、やっちゃいましたよ~ (^_^;) 
まだ、代車の手配ができてないので、修理にも出せずにいます。
かわいそうなマーク X くんをキャンパスで見かけたら、指さして笑ってやってください。

しかし、車のあの部分、「やっちゃいがち」ですよね。T-kie さまのみならず、普段でも、運転しているとよく見かけます。

で、そういう時に、前の車を見ながら、「わー、派手にやってるなぁ。バックの時にポールに当たった口ね。どんくさいなぁ~」なんて嘲笑っていただけに、自分にその「嘲笑」が跳ね返ってきて、余計に泣けました (^_^;)

> こういった新製品の動向に異常に詳しいF先生とは対照的で、

まったく、おっしゃる通りです。
ケータイの話を書きながら、私も、「F先生とは、ま逆やなぁ」と感じておりました。 F先生とまではいかなくても、もう少し「頓着」した方がいいかな、とは思いますが、やっぱ、こういう <ガジェット類> には、なかなか興味が・・・。

T-kie さまは、ツイッターも始められたようですが、はまりそうですか、やっぱり?

ひやあああ。私、「お祈りしてます」って書きましたよね。「卒論で激昂→車を削る」なんてことがありませんように、って。おそろすいいい。それだけストレスがたまって注意散漫になっているということでしょうか?でも、警備員さんは止めることできなかったんですかね。警備会社に落ち度はなしですか?そういう意味で彼は目を剥いたとかでなく?
でも、人身事故にならなくてよかったということで収めて、いや収まってください。いや、でも30万って。ある意味すごい思い込みと自信でバックしはったんでしょうねえ。私も2度ほど、看板と柱にぶつけたことありますが、その際は根拠のない自信でバックしたのが原因でした。(最近はこちらで牛にぶつからないよう気をつけてます。)

 こう見えても結構なアナログ派の人間で、データベースのソフトがあるなんて聞いても、うっせいこちとら、B6のカードに手書きで書きこんでやがんでい、手書きでないと頭に入らんのじゃい、などと強がっていたりします。まあ実際は新しいモノに手を出すのがおっくうなだけなんですけど(笑)。
 ツイッターは、はまるというよりは、ネタをいただくため、と言ったほうがいいでしょうか。しかし、とある雑誌の記事によれば、ツイッター中毒とやらになっている気の毒な方もいらっしゃるのだそうで。個人的には、さすがにそこまでははまらないというか、携帯を使ってまでリアルタイムに自分の行動を報告する気はしませんわね(笑)

ちーん・・・お気の毒でございます。30万円は痛いですよ・・・。私は2年ほど前に追突されて、同じくセダン(私のは安いシビックフェリオでしたが)の後ろをボコッとやられました。確かその時の修理費も30万円以上かかった記憶があります。但し、この時は0対10で相手が悪かったので、自分は一銭も払いませんでした。おまけにその当時で既に13年近く乗っていたフェリオちゃんは、トランクの上部が日光のせいでハゲてしまっていて、それが追突事故のおかげで他人の金によってピカピカになって戻ってきたのでした。ボンネットも激しくハゲていたので、「誰か今度は正面から突っ込んでくれないか・・・」と不謹慎なことを考えていましたが、その後「エコカー減税」の誘惑に負けた私はまだまだ動けたフェリオちゃんを姥捨て山(=スクラップ)に捨てたのでした・・・。今のところ、新車くんにフェリオ婆ちゃんの呪いはふりかかってきてません。
しかし、卒論の記事が今後封印とは、読者としては少し寂しいです。いや、記事に怒りをぶつけなくても済むくらい、学生の皆さんが素晴らしい卒論を書いてくださったら、それはそれでおめでたいことですよね。

で、「お父さん犬」はどのバージョンを入手されたのですか?まさか、今TVでやってるチョコレートだけじゃないですよね・・・?「お父さんを犬呼ばわりするなんて!」と言った誰かのコメントに共感し、あのCMに反感を持っていたのですが、これだけ長く続いているとついつい展開が気になります。ま、私がアンチソフトバンクなのは、単に田舎の我が家に電波が届かないからなのですが(大阪時代はJフォン→ボーダフォンでしたもの)。

carshinervcar Mama Miyuri & のせぽん さま


どちらさまも同じような経験をされているようで、<ご同輩> のお話は心強うございます。 あ、でも、のせぽんさまのは <不幸中のかなりの幸い> のお話ですね good

> 私、「お祈りしてます」って書きましたよね。
> 「卒論で激昂→車を削る」なんてことがありませんように、って。

はい、Mama Miyuri の「勘」の良さには、常々敬服しているところがありましたが、今回は 「その通り」 でしたね (^_^;)  だからまぁ、これは、<ジンクス> というよりは、誰もが予想される <当然の成り行き> だったのかも知れませんが・・・。

> でも、警備員さんは止めることできなかったんですかね。

はい。 これまた、Mama Miyuri のおっしゃる通り、「ある意味すごい思い込みと自信でバックしはった」 ので、警備員さんは止めるどころか、「あっ!」と言うのが精一杯という感じ。 さらに、二度までも、「根拠のない自信」に満ちてバックしたので、ただひたすら、目を剥いておられたのかと思います。

> (最近はこちらで牛にぶつからないよう気をつけてます。)

はー、これまた、すばらしい。
こちらでは、かつて堺市内を走るチンチン電車にぶつかったという <武勇伝> を噂に聞いたことがありますが、ぜひ一度、<牛につっこんだ> というお話を聞いてみたいものです。(はは、失礼、失礼。)


> しかし、卒論の記事が今後封印とは、読者としては少し寂しいです。
> いや、記事に怒りをぶつけなくても済むくらい、学生の皆さんが素晴らしい
> 卒論を書いてくださったら、それはそれでおめでたいことですよね。

そーなんですよね。 確かに、「卒論ネタ」は、客観的には、面白い・・・、いや、興味深いネタなんでしょうが、関係者にとっては、「呪いのネタ」 になるものなのかも知れません。(くわばら、くわばら。) 来年からは、「学生の皆さんが素晴らしい卒論を書いてくださる」 ことを、ひたすら祈りたいと思っております。


> で、「お父さん犬」はどのバージョンを入手されたのですか?

ははは、よくぞ聞いてくださいました dog
私って、本当に「意固地」というか、「天の邪鬼」というか・・・。

ショップのお姉さんに、「で、どの <お父さん犬> にします?」と聞かれ、
とっさに、「いえ、結構です。要りません!」と言ってしまいました。

たぶん、<私は、お父さん犬が欲しくてケータイ、換えに来たんじゃないんですからね。換えたくもないのに、もう使えなくなるって言うから、いやいや換えに来たんですっ!> っていう態度を醸し出したかったんだと思います。

まぁ、ダンナがもらってきた <しゃべるお父さん犬ミニ> も、特に我が家では興味をもたれることもなく、院生のY尾さんちにもらわれて行きましたし・・・。

> ま、私がアンチソフトバンクなのは、単に田舎の我が家に電波が届かない
> からなのですが(大阪時代はJフォン→ボーダフォンでしたもの)。

そうそう。 私も、好きでソフトバンク、持ってるわけじゃないんですよね。 
もとをたどれば、ダンナが「Jフォン」を持ち始めたのが、そもそもでした・・・mobilephone


あ、今、思ったんですが、

> まだまだ動けたフェリオちゃんを姥捨て山(=スクラップ)に捨てたのでした・・・。
> 今のところ、新車くんにフェリオ婆ちゃんの呪いはふりかかってきてません。

って話、スクラップにされるところを見られました?
のでなければ、もしかしたら、フェリオさまは、すんでのところで命を拾われ、今ごろ、
タンザニアの大地を元気に走り回っておられるのかも!?  rvcar dashdash


「私は、お父さん犬が欲しくてケータイ、換えに来たんじゃないんですからね。換えたくもないのに、もう使えなくなるって言うから、いやいや換えに来たんですっ!」

・・・ああ、すごく、すごく分かります!私も意固地なので・・・。
でも同時に貪欲でもあるので、やっぱりもらえるものはもらっちゃうかも。スリッパなら使えそうですよ?

フェリオちゃんはですね、スクラップ現場までは見られなかったのですが、確実にスクラップになっています(涙)。なぜなら、あの「エコカー補助金」ってやつは、廃車証明を出さないともらえないんですよ。私も可愛いフェリオちゃんをザンジバルの友人にタダで(何なら輸送費も補助して)もらってもらおうと思っていたのですが・・・。案の定、こないだ来てたNassirに「まだ動くなら何で取っといてくれなかったんだ」と恨み言を言われましたが、だって補助金と減税で計35万円もお得だったんですもの・・・。14年4ヶ月で計17万キロ以上走行していたので(おまけにハゲハゲ)、下取りに出してもゼロだったはずですしね。こう考えると、一体何がエコなんだ!?っていう政策ですね。

rvcar あー、フェリオさまは、完全に <お陀仏> になられたんですね。
でも、14年も乗ってもらって、17万キロもこの世を駆け巡ったのなら、<大往生> でしたね。(・・って、まだ、元気に、ピンピンしてたんでしたっけ(^_^;)?)
しかし、「補助金」 という <遺産> まで残してくれたフェリオちゃん、タンザニアに行けなかったのは残念でしたが、きっと今ごろ、天国で元気に、駆け回っておられることでしょう。 (って、どんだけ、擬人化 sign02


このブログより先に車を見てしまったので事情がわかってなかったんだけど、すごいことだったのね。確かに見た目もすごかったけど。しかも「首、大丈夫でしたか?」なんて言われるくらいだったんだから、やっぱりここは「私は大丈夫だったから安心してheart」って言わなきゃ。
それにしても今年は「卒論が諸悪の根源」って思いたくなることが結構多かった気がするわ。来年は穏やかに卒論口頭試問時期を過ごせますようにshine

airplane imani さま
まぁ、わざわざナミビアから、コメントありがとう sign01
確かに今年は「諸悪の根源」に <感情ジェットコースター> のような日々を送らされてしまったような気がしますねtyphoon 来年はもう少し <穏やか> な日々でありますように。

それでは、そちらで、しばしの骨休みをご満喫ください sun

先生!やっちゃいました。ご~ん、とぶつけました。
一昨日くらいにbabamiyuriに先生のジンクスの話をしていたところだったんです。
何にぶつけたって、これまた腹の立つことに、ナンかタンドリーチキンを焼くのに使われる釜にです!しかも今は使われてなくてドアストッパーとして置かれてるものにぶつかりました。釜にぶつかり、ドアまで揺さぶられたので、警備員さんはいませんが、地元ママがそれこそびっくりした顔で見てました。
幸い、傷はたいしたことはないです。いや、あるようだけど、昔からあった物ってことにしました。
変なジンクスがこちらでもできないように、これからは先生のブログにあるジンクスなど、semeaしないようにします。そして、考え事(血液検査を見た帰りで考え事をしてました)とバックは要注意だと肝に銘じます。

coldsweats01 あらあら、Mama Miyuri、やっちゃいましたかぁ~(^_^;)

こちらの <怨念> が強すぎて、この記事を読んだ者は影響を受けてしまう!? 
・・・って、ビデオを見たら呪いが・・・、っていう映画みたいじゃない!?
って、そんなことを書くと、また、このコメントを読んだ者が・・・danger キャー

いやいや、しかし、<牛> にぶつからなくて残念・・・、じゃなくて、よかったです、なべかまのたぐいで。

「血液検査」の結果はいかがでした?
もうザンジバルにも、<平安> は訪れたでしょうか? 「嵐」のあとに・・・typhoon

この記事へのコメントは終了しました。

« 【 卒論 口頭試問 】 | トップページ | 卒業式が終わって・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ