« 2011年 卯年だぁーい! | トップページ | 2月の恒例行事 »

2011年1月28日 (金)

風邪の1月

12年に1度の待ちに待った 《うさぎ年》 がやってきたぁー!
と喜んでいたのもつかの間。

いきなり風邪をひいてしまって、しかも、ご同輩の皆さんが声をそろえて言うがごとく、「風邪をひくと長引いて、なかなか治らない」(涙)

体力も回復力も落ちてきた、というのに加えて、ちょっとゆっくり休めば治るところを、その時間がとれなくて、次から次へと用事が降ってくる、というのが、敗因でしょうか ・・・。

1月は <センター試験の監督> と <卒論の締切り> という二つの関門があって、それをつつがなくクリアーすれば、平安な年始となりますが、最初にちょっとつまずくと、あとはグズグズのグダグダ、はなはズルズル、せきはゴホゴホである。

20110109最初のつまずきは、意外なところで、住吉大社にお参りに行ったことかと思われる。

成人の日の連休に、何のイベントもなくては七海がかわいそうかと思い、9日に住吉大社にお参りに行った。大阪で一番有名な神社といえば、住吉大社。なのに、よく考えてみれば、1度もまともに行ったことがなかった。

1月はやたらに寺や神社に行きたくなる季節。連休のイベントとして、「そや、すみよしさんに行こっ」 ということになった。

しかし、年末年始から厳冬下におかれていた日本列島。大阪のこの日の最高気温も9度ちょっと。いい感じに賑わっていた境内で楽しく過ごしているうちに、すっかり体が冷えてしまった、というのが、風邪の始まりだったかと思われます。

たまたま行った9日は、ちょうど <宵えびす> で、寒空のもと、えべっさん行事が繰り広げられておりました。

福娘さんたちと、なにげに記念写真~

20110109e 

福笹を買った人は、太鼓や鐘でお祝いの手打ちをしてもらうようです。

太鼓はこんなかんじぃ~。

20110109d 

大阪の手打ちは、

「打ーちまひょ」パンパン
「もひとつせ」 パンパン
「祝うて三度」 パパン パン
「おめでとうございますー」

というセリフで太鼓を叩くらしい。

護摩木の祈祷もしてもらいました。1本200円。

護摩木は 【商売繁盛】 ではなく 【身体健全】 と書かれたものをチョイスして、大焚火の前で祈祷している山伏さんに渡しにいく。

「病気すなよ。えいっ」 と言って、受け取ってくれました。

20110109c 

住吉大社の前には、路面電車である阪堺電車が走っている。NHKの朝の連続テレビ小説 『てっぱん』 に登場してくるのは、ここの 「チンチン電車」 である。

ということで、《住吉鳥居前》 から 《我孫子道》 までの3駅を往復してみました。

「あ、きたきた!」

20110109a 

ちなみに、『てっぱん』 人気からなのか、周辺には立派なカメラを構えた <撮り鉄> たちがいて、チンチン電車を熱心に撮影しておられました。

チンチン電車と記念撮影~

20110109b ちなみに七海は、「てっぱん」 のことを 「ぺったん」 と言う。
「ぺったん、見るぅ~」 というように。 第1音節 [te] と第2音節 [ppa] の子音だけが入れ替わる見事な metathesis (音位転換)の例といえましょう。

七海の言う言葉は、ほとんど 「解読」 に近い作業を要することがある。

ある日、車に乗っていて、「とーとーあ」 と言いだしたことがあった。

「とうとうあ」 ・・・? 「とうとうあって何?」 と聞き返しても、「とーとーあ」 と繰り返すのみ。

「東東亜」? ・・・ って、意味わからへんな。 ・・・ 「陶陶亜」 とか 「等等亜」とか、頭の中が漢字を当てはめたがるのは、日本人成人のくせでしょうか?

七海の発する音を、そのまま文字通りに解釈してはいけません。

何度か 「とーとーあ」 問答が繰り返された後、しばらくすると、今度は前方の大きな鉄塔を指さして、「とーとーあ!」 と言った。

見ると、大きな鉄塔が赤と白の縞模様に塗り分けられている。そう、まるで東京タワーのように ・・・。 「あっ、とーきょータワー!?」

私が声を張り上げると、七海は嬉しそうに 「うんっ!」 とうなずいた。 「へー、東京タワーなんか、知ってるの!」 と驚くと、それは得意そうに、またまた大きくうなずいた。 七海の発音によると、「東京タワー」 は 「とーとーあ」 になるのでした。

その他に、感動をもって 「解読」 した言葉には、「たっつ」(トラック)、「わっつ」(ブロック)、「ちゅち」(クッキー) などがあります。

解読風景: ずっと 「ちゅち」 を繰り返す七海。
「え、ちゅち? つち? つち、たべた? しょうとく園で? 土、食べた? ・・・ んなわけないか。え、ちゅち? すき? 何が好きなん? すき? ・・・ え? つき? 月? 月なん?・・・。 ちがうか・・・」 

押し問答の末に、語気を強めた七海の発音が、一瞬 「ちゅっちぃ」 に聞こえた瞬間があった。 「あぁっ、クッキー!?」

カ行の音がタ行の音に置き換わるのは、言語音習得の普遍的規則にも合致している通りだが、しかし、会話している最中に、冷静に音韻法則を当てはめ、しかも [t] ではなく [tʃ] に変わるという微調整を勘案しながら、[tʃutʃi] が [kukkii] であることを読み解くには、私はあまりにも 「いらち」 な性格であるし、勘が悪すぎた。 ごめんね、ななみちゃん。

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・・・ 1月はほとんど風邪をひいていた、という話をしようとしていたんでしたね。

それで、住吉大社で、すっかり体が冷えたのか、翌日には七海が発熱して、はなズルズルせきゴホゴホ。 その後しばらくして、今度は私が、はなズルズルせきゴホゴホに。

そんな中で、センター試験の監督業務。 最後のリスニングテストは、込みあげる咳を抑え、たれてくるはな水を 「ズルッ。 ズルッ。」 とすすりあげながら、どうにか持ちこたえたが、翌日はほぼ寝込み状態に。

しかし、その翌日からはまた、卒論提出締切りを間近に控えての、怒涛の添削指導。

去年に比べれば、今年は人数も少ないし (私のゼミでは9名提出)、学生さんの態度的にも、ずいぶん心おだやかな卒論指導ではあったものの、それでも、赤ペンをもって学生にコメントし始めると、軽く激昂してくるから始末に負えない。 これはもう、単に、私の性格の問題ですね。

押し黙ってしまう学生さんに、去年と違って、「あっ、別に、怒っているわけじゃないからね」 と、冷静に我にかえる余裕はありましたが、<激昂> に費やしたエネルギーで体力が消耗し、風邪の回復が遅れたことは否めません。

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

でも、もう、大丈夫です。

これまで5日とあけずに通っていた 《カーブス》 でしたが、初めて10日ほど休みました。しかし、ようやく回復し、先日、久しぶりに行ってきました。

「あ、じゅんこさん、おひさしぶりっ! どうされてたんですかっ?」 と明るく挨拶してくれる女性スタッフ。

「いやぁ~、風邪ひいちゃってねぇ~、全然来れなかったんですよぉ~」 と明るく応える私。 すると、スタッフさんが、

「えっ、風邪? 風邪って、ぜんぜん、じゅんこさんの <キャラ> じゃないですね!」  と、明るくおっしゃった。

はー、すみません。 「○○は風邪ひかん」 って言いますもんねぇ~。

以後、気をつけるようにします。

« 2011年 卯年だぁーい! | トップページ | 2月の恒例行事 »

コメント

あら~、この冬の風邪はなかなか治らないと周囲の人たちから何度も聞いていましたが、先生もお風邪を召していらっしゃいましたか。それは大変でございました…。
特に、センター試験のリスニングで鼻水をこらえるのは大変だったこととお察しいたします。すすってもかんでも音は出ますものね…。
先週読書会で大学へ行った際、先生のお部屋の外に「卒論箱」が置かれているのを拝見しました。読書会メンバーのKちゃんの名前もあり…一瞬箱を開けて読んでみたい衝動に駆られましたが、そこはグッと我慢いたしましたよwink
住吉大社、私は大阪南部に住んでいた時に、毎月1回お参りしていました。その時は願掛けしてたことがあったので、かなり熱心にお参りし、お賽銭も奮発していました。結局その願掛けは叶わず、しかし今思うと叶わなかったのが結果としては自分にとって良かったんだなと納得しています。神様は、人間が願っていることをそのまま叶えてくださるのではなく、その人にとって一番良い方向を示してくださるのかもしれません。今では全く信心深さがなくなり、自宅裏の神社へも滅多に参拝しません…(副業を口に出すのが憚られますcoldsweats02)。
七海ちゃんの言葉を発音記号で表記されるとは、さすが言語学者でいらっしゃいますね!いつか七海ちゃんの研究で論文が書けたりして…?七海ちゃん、東京スカイツリーはどうかなー?

snow のせぽんさま

ほんとに、久しぶりに、風邪にやられました・・・(^_^;)


> 特に、センター試験のリスニングで鼻水をこらえるのは大変だったことと
> お察しいたします。すすってもかんでも音は出ますものね…。

ありがとうございます sweat01
リスニングテスト中は、<静謐な環境の確保!> という至上命令の中、靴音がうるさいからと机間巡視さえ禁じられ、シーンと静まり返った教室前方で、ただひたすら仁王立ちして、30分間を過ごしました。「ズルッ。ズルッ」音が気になってしようがなかった30分間の長かったこと! あれで消耗してしまいました・・・sweat02


> 先週読書会で大学へ行った際、先生のお部屋の外に「卒論箱」が置かれて
> いるのを拝見しました。読書会メンバーのKちゃんの名前もあり…

おー、あの、無駄に大きく、しかも書きなぐった汚い字の 【卒論箱】 をご覧になられたんですか・・・! はは、お恥ずかしい・・・。

教務係に提出したものと同じものを、各指導教員に提出するのですが、私はその日に不在だったので、<箱に入れておいてね> ということにしておきました。

Kちゃんのようなきっちりとした人は、期日にちゃんと提出しておいてくれたんですが、結局、半分くらいは、そのずっと後に、研究室に駆け込みで提出。「遅い!遅すぎるっ!!」と、またまた血圧の上がるドタバタ劇が繰り広げられていたのでした dash


> 住吉大社、私は大阪南部に住んでいた時に、毎月1回お参りしていました。
> その時は願掛けしてたことがあったので、かなり熱心にお参りし、お賽銭も
> 奮発していました。

なんと、月1回ですか! のせぽんさんがそんなにヘビーな住吉参りを繰り返されていたとは知りませんでした! すばらしいですね。
・・・で、そこまでして掛けられていた「願」とは、何だったのでしょうか? 叶わなかった「願」・・・。 ひゃー、なに、なにぃ~? しりたい、しりたーい heart04


> 七海ちゃん、東京スカイツリーはどうかなー?


ちょっと聞いてみました。

私: 「ねぇ、ねぇ、ななみちゃん、<東京スカイツリー> って言ってみて。
    とーきょー・ すかい・ つりーっ」

困惑顔の七海: 「・・・」

私: 「とーきょー」

七海: 「とーとー」

私: 「すかい」

七海:「すたい」

私: 「つりー」

七海:「つりー」

私: 「じゃ、全部いっしょに。 とーきょー・ すかい・ つりー」

七海:「とーとーあ!」

私: 「東京タワーじゃなくて、東京スカイツリー! 今度新しくできるんよ。
    東京タワーより高いのが!」

七海:「とーとーあのほうが、すきねん!」


<言わされている感> が嫌なのか、親に似て意固地なのか、わけのわからない顛末となりました coldsweats01


あららっ、遠くのおばば、七海ちゃんに無理強いさせてしまったでしょーか…?ごめんなさいsweat01 でもきっちり「すきねん!」と意思表示できる七海ちゃん、素敵です。東京スカイツリー、現物を見れば好きになるかな?しかし、「す」や「つ」は幼児にとって発音が難しい音なのかなと思うのですが、そこは大丈夫なんですね。
住吉さんの願掛けは、まぁお察しの通り恋愛絡みだったんですが、今思うとまさに「恋は盲目」で、変な新興宗教にハマッてる世間離れした人だったので、叶わなくてよかったですsweat02 最近はもう願掛けすることも面倒になってしまったので、どうやら神様に見放されてしまったようですcoldsweats01

two のせぽんさま


> でもきっちり「すきねん!」と意思表示できる七海ちゃん、素敵です。

はは・・、わけのわからないなりに「反発」の意思表示をしたかったんでしょうね (^_^;)

> 「す」や「つ」は幼児にとって発音が難しい音なのかなと思うのですが、
> そこは大丈夫なんですね。

みたいですね。摩擦させる系の音は、比較的容易なようです。やっぱり、口の奥を閉鎖させなければならない [k, g] 系の音が苦手のようですね。
「すきねん」も、実は、「すちねん」と言ってますし・・・。

ちなみに、正しい大阪弁で「好きやねん」と言うべきところが、「すちねん」になります。
「好きって言ってたのに」は、「すちっていうてたにぃ」になります(^_^;)

> 住吉さんの願掛けは、まぁお察しの通り恋愛絡みだったんですが、

まぁ、なんと! 少女のような純情な「願」かけだったのですね! 私はぜんぜん「お察し」してなくて、なんとなく仕事関係とか病気関係かと思っていました・・・。まじで。

> 変な新興宗教にハマッてる世間離れした人だったので、叶わなくてよかったです

「宗教には宗教をもって」 と言ったところでしょうか。でも、「願」かけしている間に、「目が開かれた」ってことで、結局よかったんですね。

やっぱり、ここはひとつ、<自力本願> で punch

御無沙汰です。リアルうさぎ・ぴょんちゃんのかーちゃんです。ちなみにぴょんちゃんは亥年です。うさぎの皮を被ったちっさいイノシシに相違ありません。

年明けはお子さんから風邪をうつされたという女性が多かったです。現在のところ健康に過ごしている私のところに,しわ寄せがcoldsweats01

今年のセンター入試は災難でしたよねぇ。私は日曜日だったのですが,帰りは積雪で車を駐車場に置いて帰ることになりました。スクールバスもなかなか来なくて寒空に涙しました。翌日の大阪日帰り非常勤も新幹線のダイヤの乱れで休講にしてもらい,火曜日,ようやく大学に行って帰りに車に乗ろうとしたら,バッテリーがあがっていましたweep その後も余波が収まりません。

1月末まで(明日やん)の締切りがたくさんあるのですが,そのうちの一つが卒論の査読。他のゼミの論文を10篇読まないといけないのに,なかなか進みません。日本語がわからん・・・・。誤字脱字以前に文意がとれないので,当然,内容に踏み込んだコメントなどつけようもありません。

ちなみに宗教をお勉強している私ですが,初詣の記憶はほとんどありません。いやはや。

cat ゆゆさま

イノシシ年生まれのリアルうさぎ・ぴょんちゃんsign01 2011年の11の部分を耳で表現されている姿はさすが! 今年はまさに 「ぴょんちゃんの年」 ですね heart04


> 現在のところ健康に過ごしている私のところに,しわ寄せが

昨年の夏以来、いろいろと大変だったり、お忙しかったり・・・ だったかとは思いますが、健康に過ごされているということで、何よりです。 最近は、インフルエンザにかかる学生もちらほら出てきて、それも要注意、ですよね。


> 私は日曜日だったのですが,帰りは積雪で車を駐車場に置いて
> 帰ることになりました。

なんと、そちらでも、そんなに積雪が!? 今年の受験シーズンは、受験生たちも大変だけど、教員たちもいろいろと大変ですね sweat01


> 日本語がわからん・・・・。誤字脱字以前に文意がとれないので,当然,
> 内容に踏み込んだコメントなどつけようもありません。

同じく・・・ sweat02
私の怒涛の添削も、「せめて意味の分かる日本語で書いてくれぇ!」の一点張りですもんね。 学生を前にして、「これ。 これ、どーゆー意味!?」 と聞くことばかり。 で、学生が、「ほにゃららほにゃらら、ふにふに、ふにゃふにゃ、という意味です」 と説明すると、「じゃー、そういう風に、わかるように書いて!」 っていうのが、指導の実態ですね。 うちは、2月中旬が試問なんですが、まだしばらく、卒論とのバトルは続きます・・・。


> ちなみに宗教をお勉強している私ですが,初詣の記憶はほとんどありません。

なるほど・・・。
宗教をお勉強し、かつ、ご実家がお寺だと、「日々毎日是初詣」みたいなものだから、あらためて「お参りする!」って感じにならないってことでしょうかね・・・。

宗教に縁遠い者ほど「お参り」したくなるのかも!?
私は寺でも神社でも、教会でもモスクでも、お参りできるなら、どこでもお参りしたい、「お参り好き」です。 
ヒンドゥ寺院はどうでしょか? 敷居が低いなら行ってみたいなぁ~ heart02


まあ、大変な一月でしたね。それにしてもただでさえきついセンターの監督、風邪ひきの御身ではなおさらであったとお察しします。
お互いアラフィー世代は、風邪はひきやすく、治りにくく、太りやすく、やせにくい等あらゆる点でbefore/afterの如くであると痛感しています。くれぐれもお気をつけください。あ、もうひとつ、学生の卒論にイライラすると免疫力がてきめんにさがりますから(笑)、是非「ふうーふうー」と深呼吸と腹式呼吸を試してみてください。

Nora さま

いつも暖かいお言葉、ありがとうございます heart02

> それにしてもただでさえきついセンターの監督、風邪ひきの御身では
> なおさらであったとお察しします。

そうなんですよね sweat02
監督している時は、「気合いっ!」 の一念で乗り切れるんですが、その翌日以降が、
使いものになりませんでした・・・(^_^;)

> 風邪はひきやすく、治りにくく、太りやすく、やせにくい等あらゆる点で
> before/afterの如くであると痛感しています。

ほんとにそうです・・。
<風邪はひきやすく、治りにくい> は百歩譲って納得するとしても、<太りやすく、やせにくい> は、どうにも納得したくない、厳しい「現実」ですね・・sweat01


> 是非「ふうーふうー」と深呼吸と腹式呼吸を試してみてください。

御意に! 今年こそは、<心おだやかな卒論指導>、<平安な試問> をめざしていますが、まだまだ修行が足りません。 学生を前に喋り始める前には、「ふうーふうー、
はー」、「ひー、ひー、ふうー」と深呼吸してからにしたいと思います。

あー、過呼吸になりそう coldsweats01

ごぶさたしています!その後、お体の具合はいかがですか?大人になってから風邪をひいたりすると、なかなかきついですよね。こなさないといけない諸々のこともありますしpunch

うちも、1月末に1番下が保育所からインフルエンザをお持ち帰りしまして・・・bomb結局家中でリレーする結果となりました。月をまたぎちょうど1週間たった昨日、全員復活を遂げたところですshineなかなか大変でしたが、今期はもうインフルエンザの心配もなくなったので、人ごみもこわくありません!(笑)

音の入れ替わり!一緒にいて興味をそそられることのひとつですよね。うちは下の階が看板やさんで、よくあめちゃんをくれる優しいおじさんがいるのですが、サリムは「アンバンカン、オイチャン」と呼んでいますdash看板やさんのおじちゃん、という意味のようです。おもしろいので、もうこのまま、ちゃんとしゃべれるようにならなくてもいいのにな~、なんて思ったりもしますがcatfaceそうはいかないのですねぇ。

こちら方面もいろいろな寺院がめじろおしです!お立ち寄りの際は、ぜひお声をかけてくださいrun

hospital Kanaye さま


まー、なんと sign01 家族でインフルエンザのリレーしましたか! run leftright run leftright run
それは、Pole sana でしたね・・・。

> 今期はもうインフルエンザの心配もなくなったので、人ごみもこわくありません

まぁ、確かに、1週間の不便な生活と高熱にさえ耐えれば、<予防注射> したようなもんですからね、もう安心ですね happy02 good


> サリムは「アンバンカン、オイチャン」と呼んでいます。
> 看板やさんのおじちゃん、という意味のようです。

ははは、これもなかなか興味深い発語ですね。
「看板」が「バンカン」になるだけでなく、前に「アン」がつくのが面白いですね。
これは、「屋さん」の部分が前にきたのでしょうかね。この「飛び方」が興味深いです。
今度はぜひ、サリムくんに、「三番館の晩餐会」って、言わせてみてください heart02


> おもしろいので、もうこのまま、ちゃんとしゃべれるようにならなくても
> いいのにな~、なんて思ったりもしますがそうはいかないのですねぇ。

そうそう heart04 こういう興味深いサンプルを言い続けてくれれば楽しいのですが、こどもの成長は早いですからねぇ~。サリムくんだったら、もうすぐに、「カンバンヤさん」と正しく言えるようになるだろうし、「お母さん、これから、三番館の晩餐会に行ってきます」と、
ちゃんと言えそうぉ~ (^_^;)


> こちら方面もいろいろな寺院がめじろおしです!

おぉ、そうですね! 一度、そちらのモスクにもお参りしてみたいです cuteshinecuteshinecute

早速インタビューしてきました!

私「サリム、三番館の晩餐会って言ってみ」

サ「バンカンカン!happy01

私「いやいや、さんばんかん・の・ばんさんかい、だってsweat01

サ「バンカイカイ!happy02

本人とっても嬉しそうでしたが、どうも2単語合わせるまでの記憶力がまだないのか・・・「晩餐会」らしき語しか確認できませんでしたdash意外と、長い「カンカンカンカン・バンサンカンtaurus」の方が言えたりして!(笑)

ちなみに、小学校入学を控えたサフィーヤはスラリと言え、ただ今年少のソライヤは

「サンバンカンのバンサイカイ!smile

でした。やはり音がつられてますね。成長過程が見えるようです。
どうも音の並びがおもしろいようで、みんな興味しんしんで、満面の笑みで答えてくれて楽しかったですgood

scissors Mama Salim,

あらぁ~、サリムくんにインタビュー、Asante sana heart02

「三番館」 が 「バンカンカン」 になったり、
「晩餐会」 が 「バンカイカイ」 になったりするの、かわいい~ note

ソライヤちゃんの 「サンバンカンのバンサイカイ」 は惜しいっっ! って感じですが、
ほぼ完璧ですね!

こどもたちが一生懸命言おうとする姿が目に浮かんで、微笑ましかったです wink

にしても、「カンカンカンカン・バンサンカン♪」って、なつかしすぎ!
「焼き肉焼いても家焼くな」でしたっけ sign02

にしても、にしても、サフィーヤちゃん、こんどもう、小学校なんですね。 
七海と同い年と思っていたけど、早生まれだから、もう小学生なのね。 
早いもんですなぁ~・・・。 
「さんばんかんのばんさんかい」がスラッと言えるのも当然かぁ~・・・(ちょっと遠い目)

「しっかり者のおねえちゃん」姿のサフィーヤちゃんにも、またお目にかかりたいです kissmark

 

この記事へのコメントは終了しました。

« 2011年 卯年だぁーい! | トップページ | 2月の恒例行事 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ