« 浜の真砂は尽きるとも | トップページ | あれから10年の2016年 »

2015年12月29日 (火)

さよなら、2015年

やれやれ。ようやく私的「大殺界」の2015年が終わろうとしている。

「終戦から70年、私が初めてアフリカに行ってから30年、ついでに、七海が誕生してから10年」という節目の年として、大いに期待し、高らかに「ダイエット・ミッション コンプリート宣言」して始まった2015年

でしたが、なんだか「持病持ち」への道を歩んだ2015年となってしまいました。

よく聞くじゃないですか、雨が降りそうになると、ひざが痛くなるとか、頭痛がするとか、昔の古傷が痛んでくるとか。

そんなのは、全くの他人事だったというのに、すっかり自分事になってしまいました。はい、そうなんです、雨が降りそうになると、「耳鳴り」が激しくなる体になってしまいました。

今年の春先からひどくなった「めまい」でしたが、それとともにおとずれた「耳鳴り」。めまいはもう治まってきたのに、耳鳴りは依然として私の中に居座っております。

春先からずっと私の耳の中で、「ジージージー」あるいは「ミーミーミー」あるいは「シーシーシー」とBGMのように鳴り続けております。

普段は気になりませんが、耳を傾ければ、ほらすぐそこに。いや、傾けるまでもなく、いつも共に。たぶん、春先から今に至るまで一瞬たりとも止んだことはありません。特に就寝時は自分で自分がうるさすぎる時も。あまりにもうるさい時は、翌日が雨だったりします。

「自分がうるさすぎる」  ―  そう思うと、これも一種の「天罰」かも、と思えます。

昔から「声がでかくて、うるさいっ」ってよく言われたものです。友人と楽しく会話しながら廊下を歩いているだけなのに、「ちょっと、静かにしてくださいっ。授業中ですよ」と注意されたり。楽しく義姉と会話しているだけなのに、テレビを見ていた甥っ子に「おばちゃん、うるさいっ」って言われたり。

地獄に行ったのちには、生前の行いに見合った刑罰を受けるらしいですが、私は生きながらにしてすでに「うるさいの刑」を受けていると言えます。いやぁ~、まったくの「とほほ」な2015年でありました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

とほほな「大殺界」の時には、何もせずじっとしていることが肝要だそうです。新しいことを始めたり、新たなことに挑戦してはいけない。それでも、何かしら気の滅入ることは飛び込んでくるらしく、七海の手術の話しかり。社会に目を向けると、テロ関係のニュースしかり、安保法制の成立しかり、夫婦同姓の合憲判決しかり。

とほほな1年を締めくくるにあたり、社会問題のひとつも取り上げて意見でも述べてみようかと思いましたが、まぁ、書き始めてみると、まったく私の「柄」ではない。たぶん、自分の身の回りのことや、自分で感じた感情、切実に胸に迫る思いなどでないと、文字に書いてもどこかそらぞらしく、書いていても自分がおもしろくないというか。

しかも、社会の問題というのは、どこかしらに「怒り」がないと書き進められないもので、一番自分にとって身近な「夫婦別姓」の問題も、「怒り」というよりは「あきらめ」というか、「あきれ」というか、そんな感情が「怒り」を抑えるし、自分なりの方法でやりくりしていけばいいかと思ってしまう。

それでも、「夫婦同姓」が合憲という判決が出た時に、涙を流して悔しがっている人を見ると感情が揺さぶられるし、事実婚を選択したくても、できない事情のある人がいるかと思うと、自分だけ良ければいいのか、とも思う。

「夫婦同姓」という社会通念の強さを改めて感じさせられましたが、そういう強い「社会通念」というのを変えていくのは、なかなか時間がかかるものなんでしょうね。そういう私だって、結婚するまでは「夫婦同姓」が当然と思っていたし、不都合があれば「通称使用」でいいじゃんって思っていたのだからね。

「社会通念」の変革というのは、それによって不都合や抑圧を感じる人が現れて、それを「おかしい」と疑問に思う人が増えていって、少しずつ変わっていくものなのでしょうが、そのような不都合や抑圧、疑問というのは、当事者にならないと実感できない、というのもあると思う。「通称使用」でいいじゃんって思っていた私も、パスポート更新時に、そこに印字される名前が「自分の名前」ではない、と気が付いたときに初めて、問題の大きさを実感したわけだから。(あわててペーパー離婚して、無事に「自分の名前」のパスポートを手にしましたが。)

まぁ、しかし、あれから20年以上も経ったわけで、社会通念のあり方も徐々に変化しているようには思います。「女性の活躍」を謳うような社会を目指すなら、女性にばかり不都合が押しつけられる制度も早晩、変更されていくことかと思っています。

って、結局、社会問題的なことを書いてしまいましたが、最後が非常に腰の引けた感じになっているところが、いかんともしがたし、です。

いかんともしがたい「うるさいの刑」を受けつつ、さよなら、2015年。

2015_2

来年申年は、「耳鳴り」が聞こえなくなりますように、というささやかな願いをこめつつ。

« 浜の真砂は尽きるとも | トップページ | あれから10年の2016年 »

コメント

やあやあ!
あっという間に年の瀬ですなぁ。
今年は色々あったそうで、お疲れ様でございました。

年始はお目にかかれそうにありませんが、七海りんの手術が無事にすみますよう、いつもお祈りしていますね。
姉上の耳鳴りのこともよくなりますよう、お祈りしております。

こちらは1月は10日、11日に埼玉校の本番です(コースが違う、同じ一つの学校ね)。

12月最後の合格判定模試は過去2番めにできがよく、ほっと一息ついたのもつかの間、終業式の日に小学校でもらった、先生による科目別判定では、国語がな、な、なんと最低ランクばかり怒涛の4連発!
もうげっそり…ですわぁ!

何とか算数やなんかでカバーしてもらうしかないですわ。
とほほ。

2月は1日から3日まで、本番の連戦です。
4日の大本命校発表をもって無事終了できるよう、
クリスマスもお正月もなく頑張っております(って、息子が。私は絶賛ケーキ太り中)。

終了後にはあわただしく引っ越しも控えていて、
しばらくばたばたとしておりますが、
皆様におかれましてはどうぞ良いお年をお迎えください。

両親にもよろしくお伝えください!

book pencil Dear My Sister pass

お祈りのおことば、ありがとうございます note

そして、同じくこちらからも、必勝祈願のお祈りを punch

いやいやぁ~、甥っ子さま、がむばっておられるようで、なによりです good

さっそく1月初頭の連休からですか!
初詣のお参りも、できれば石切さんのお百度参りでっ!! といきたいところですね。


> 国語がな、な、なんと最低ランクばかり怒涛の4連発!

ははは、そういう「つっこみどころ」があるほうが、かわいげがあっていいですよね heart02
って、そーゆーもんだいじゃないっ annoy ですか・・sweat02


> 2月は1日から3日まで、本番の連戦です。

おーflair ということは、まだまだ1か月は、チョー臨戦態勢が続くわけですね。
みなさん、お体お大事に。

こちらも年明けは1月4日から始業なので、まったく正月休みらしくない雰囲気。
「クリスマスも正月もない!」一族として応援しております rock

にしても、その後は、引っ越しですか。
何かと変革の2016年となりそうですね。
こちらも、その頃は七海の手術で気持ちの落ち着かない日々を送っているかと思いますが、お互い、無事に乗り越えたいですね shine

おー、ほんとに、石切さんにお百度参りに行ってこなければ sign02 

run run run

それでは、諸事万端「〇〇太り」には気をつけて、よいお年を note


明けましておめでとうございます。
2016年は、耳鳴りが治まりますように。
七海ちゃんの手術が無事に終わりますように。
そして、幸せがいっぱいの楽しい一年になりますように。

fuji K子さま

新年おめでとうございます shine

昨年は、なつかしのキャンパスでお目にかかる機会があって、
大変嬉しゅうございました kissmark

ことしも、「耳鳴り」と「手術」を無事に乗り越えたあかつきには、
みなさまにお目にかかる機会があれば、と思います note

K子さまにとっても、実り多い1年となりますように moneybag

あらためまして、明けましておめでとうございます😊 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年は、シスターJunkoさまにとっては色々と大変なことがあった一年だったようですね。自分の2011年が思い起こされます…。東日本大震災の翌日に階段を踏み外し、複雑骨折・脱臼・靭帯断裂により1ヶ月半入院、追突事故2回(2回とも加害者)、交通違反2回の果てに免停…。これだけが半年間に怒涛の如く起こったのでした。あ、どれも自業自得か😅 当時は生きて年末を迎えられる自信がないくらい落ち込みましたが、今は笑ってネタにできます。シスターJunkoさまも、きっと2015年を笑ってネタにできるような時がやってきますよ。
シスターJunkoさまとご家族にとって、笑顔いっぱいの素敵な1年になりますように。またの機会に、元気な七海ちゃんに会えることを、ビンゴ先生は楽しみにしてまーす!

fuji シスターのせぽん さま

あらためまして、新年おめでとうございます。
今年もまた、どうぞよろしくお願いします heart01

確かに、2011年は日本的にも災厄の年でしたが、シスターにとっても、大変な年でしたね sweat02

入院に、事故、免停と、もう、こちらとしても、どうコメントしていいか分からないような出来事、連発sign01でしたものね。

そして、確かに、その年はシスターの「大殺界」。
おそるべし、です。
私も、去年はほんとうに、そんな「大殺界」ぶりでしたが、今年はそれを脱するべく、注意して、油断なく過ごしていきたいと思っています。

シスターは、今年は「立花」の年だそうですよ tulip
これまでの努力の蓄積が花開く年 shine
私もシスターのそばにいて、そのおこぼれにあずかりたいと思います。

七海ともども、今年もどうぞよろしくお願いします note

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜の真砂は尽きるとも | トップページ | あれから10年の2016年 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ