« さよなら&ありがとう、ジージ | トップページ | 卒業式の3月 »

2017年2月28日 (火)

逃げる2月

「2月は逃げる」というのは、ことわざか何か?

とにかく今日で2月も終わり。普通なら、あと2、3日あるところなのに、もう今日で2月が終わるかと思うと、焦る焦る。

締め切り迫る業務やら論文やらの積み残し満載。「時間がいくらあっても足りない」と言いたいところだけれど、「時間の有る・無し」の問題ではないことは、よく分かってます。

時間があったらあったで、ダラダラと、先延ばしにしてきましたとも。

いや、よく言えば「試行錯誤して、時間をかけてきました」と言いたいところですが。

そう、こうして、やるべきこと満載の中、ブログの記事を書いているのも、ひとつの「時間のかけかた」ということですね。

こうした選択の積み重ねが、「あー、もう、今日で2月も終わりだぁ!」という、お得感のない2月に対する恨みとなってあらわれてくるのでありましょう。

だからもう二度と、「時間がない!時間が欲しい!焦る焦る!」というようなことを言わないことを、ここに、急に誓います! そう、すべて、自分の選択の結果なんだもんね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日は父の月命日。父が死んでちょうど1ヵ月になる。

これまでに3度ほど父の夢をみた。前回の夢では、父はいつものように饒舌に語っていて、「死ぬっていうのは、超能力でもない限り、分からんもんやなぁ~」と言っていた。聞いている私は、「超能力?」と怪訝に思ったが、あー、父は、あんなに弱っていて死期も近かったけど、自分が死ぬなんて、さらさら思っていなかったんだなぁ、と夢の中で納得した。

あんな風に私の夢の中に出てきて語るのは、父なりの「無念」が残っているからなのかもしれない。

先週末、タンザニアで長年、旅行会社を経営していらっしゃるN本さんの訃報が届いた。突然の心臓疾患で急逝されたとのことで、ただただ驚くばかりだった。タンザニアに縁のある人はみなN本さんに縁があると言ってよく、皆さんの、そしてご家族の驚きやら喪失やらを思うと言葉もない。

そして、まだ60代で突然、この世から去らなければならなくなったご本人の「無念」を思うと、深い悲しみにおそわれる。人間の生死の無常さについて考えさせられる。

「人はいつか必ず死ぬ」というようなことは、頭では分かっていても、心では本当はよく分かっていない。

年を取るにつれて、身近な人が亡くなる機会が増えるにつれて、少しずつ心に染入るように実感していくものなのだろうか。「人が死ぬ」ということの意味を本当に考え始め、徐々にそれが分かっていくものなのだろうか。

そんなことを思いながら、書店の前を歩いているときに、ふと目にした本に惹かれた。

『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』

20170228a

表紙の美しさと題名に惹かれて買い求めた。

順天堂大学の医学部の先生が、がん患者と向き合う中で考えた、まぁ、人生訓というか、生きる上で大切だと思うことが書いてある本で、生死無常の本当の意味を理解するには到底及びませんが、この書名と、1章の題名 「人生の役割をまっとうするまで人は死なない」 という言葉に、心動かされました。(逆に言えば、この書名とこの章題にのみ、価値を見出したわけですが。)

20170228b_2

突然亡くなる人も、きっと人生の役割はまっとうしたのだと、そう思うと、少しは救われる思いがします。

私たちは何のために生れてくるのか。死んでいくとはどういうことなのか。人生でまっとうすべき役割とは何なのか。

いつもなら、さら~っと流してしまいそうな問いも、人の死を身近にすると、しばし立ち止まって考えさせられます。
決して、答えは出ないけれど。

« さよなら&ありがとう、ジージ | トップページ | 卒業式の3月 »

コメント

2月、逃げちゃいましたねー。そして3月も早くも半分が過ぎようとしています。私、新年に立てかけた目標シートも未完成のままでございます…。今年こそは色々ちゃんとしよう!と心に決めたのに。とほほ。
お父様の突然のご逝去の後、シスターJunkoさまもお疲れが出ていらっしゃいませんか?誰にも訪れる肉親との別れですが、私はまだ想像もつきません…。その本、いつか読んでみたいなと思います。

clover シスターのせぽん さま

コメント、というか、月に1度の 「お便り」 的な? ご挨拶、ありがとうございます heart01

ほんとに、あっという間に3月も中盤。大学では、ようやく1年が終わったと思ったら、また新しい1年に向けての準備が始まり、もう、「ちょっとは、ゆっくりさせて!」という気分でおります sweat02

そういう区切りの時期に、シスターはまたお誕生日をむかえられたのでしたよね。
おめでとうございます birthday present

「国際女性デー」 がお誕生日だなんて、シスターのお誕生日にふさわしい日ですね heart04
骨折入院から6年の時を経て、完全復活&さらなる飛翔 の日々、応援しています punch

run fuji run run run note run note

今年って2月あった?ってくらいの勢いで過ぎ去った2月……なぁんて思ってたら、もう3月も終わりじゃん!でも、そうよね、こんなバタバタも、すべて私の選択の結果ですdespair 
この仕事を引き受けたのも、あの仕事を断らなかったのも、こんなときに出張入れたのも、そして何よりも、あのときソファで論文読む代わりにテレビ見たのも、PCに向かって論文書く代わりにfacebookを見始めてしまったのも、あそこでただただだらだらしたのも(こんなこと書きだしたらあまりにいっぱいあって、なんだか悲しくなってきたdown)、あぁ、すべて私の選択で、今のこの状況はその積み重ねなのよね~weep

clock あ~、そのとおりでございますのよ、Imani さま sign01

印刷会社の人に渡さなければならない日の朝に、原稿に手を入れ、目次を作っていたような「スーパーバタバタ」dash な日を経験し、「明日から、心を入れ替えて、毎日原稿に向かうことを誓います」 と自分に言い聞かせてから、早10日 sweat02

原稿に向かうこともなく、今もこうして、ブログのコメントを書いている、というのが、自分の選択なんですよねぇ~ sweat01

このような状態の積み重ねが、「バタバタの日」への一歩一歩となっているわけなのよねぇ~ foot foot foot

だから、もう、つべこべ言わずに論文に向かうぞ rock

と言いつつ、このコメントを送信したら、とりあえずまず、机の上を片づけ始め、ちょっとした雑用をやり、そうこうしているうちに「あ、お昼ご飯にしよ note 」 と席を立ち、食べながら録画していたビデオでも見始め、そしてだらだらだらだらと・・・

あー、分かってるんです、もう sweat01

ということで、4月からはがんばるぞぉ punch
(↑ 露骨に虚しい決心)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さよなら&ありがとう、ジージ | トップページ | 卒業式の3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ