« 卒業式の3月 | トップページ | 七海 七海 »

2017年4月30日 (日)

50代SNSのつき合い方 - 結局ブログに回帰

父の訃報をこのブログで知って、わざわざお悔やみのハガキをくれた友人がいた。あるいは、メールでお悔やみを伝えてくれた友人もいた。またある時は、私が最近知ることとなった「小森コーポレーション」という会社が、「自分の勤務先の隣にあります!」とメールで知らせてくれた友人もいた。

みなさん、あらためて、どうもありがとうございました。

と同時に思うのは、こういった「反応」を即座に示すことができるように「コメント」欄があるわけだけど、ブログのコメント欄は、パブリックすぎて書きにくいんじゃないだろうか、とも思う。

他社のブログみたいに、ブログ管理者にだけ読めるコメント機能とか、フェイスブックの「いいね!」みたいに「反応」だけを示す機能でもあればいいのかと思うけれど、やっぱりそういうのでもないかなぁ、50代にとっては・・・、とも思う。

ブログで近況報告をしている私も、月に1回こうしてパブリックに何か書くのが精一杯で、その他のところでは投稿したり、コメントしたりということが、なかなかできない。

昨年、無謀にもブログを移籍しようとし、お休みしている間に、ブログ以外にもう少し気軽にやりとりできるような方法はないだろうかとトライしてみたが、どうにもしっくりこなかった。「トレンドに乗り遅れまじ!」と始めたフェイスブックにツイッター、そしてインスタグラムまで開設してみたが、どれもブログに代わることができなかった。

その敗因は明白です。なんと言っても私が長文を書きすぎるからなのでした。そう、このブログのように、あーでもない、こーでもないと、とにかく言葉多くして船頭山に登るのか!?というくらい、無意味な言葉であれこれ言いたがるのがいけなかったのです。

インスタグラムがよい例です。

私のインスタグラムは こちら

ご覧いただいたら分かるのですが、去年の6月に開設し、6枚の写真がアップされていますが、3枚の写真の説明が長すぎる。インスタグラムというのはこういう使い方をするものではないんじゃないかと、さすがの私も違和感を覚えました。

最後の、教え子の結婚披露宴の写真などは、これでもまだ書き足りないほどなんですが、それじゃぁ、ブログに書いたら? あ、今ブログお休みしてるんだった。という、なんともビミョーなフラストレーションだけを残して、これがマイ・インスタ最後の投稿となりました。

フェイスブックもしかりです。
フェイスブックの方がまだ、長文受け入れ可能度が高いですが、それでも、自分の書いた記事をタイムラインの流れの中で見ると、何とも言えない違和感が。 ちがう、こんな風に起承転結をつけて、ご清読ありがとうございました。と締めるべきものではない、という違和感がマックスになりました。

私のフェイスブックは こちら

ブログのせいかおかげか、月末にはその月の総括をしなければならないような気になって、去年の8月末日に書いた記事がフェイスブック最後の投稿となりました。

その記事も、「仕事で行った学術振興会のビルの隣に、マセラティのディーラー店が!」くらいのことしか言ってないのですが、リオ・オリンピックもからめたくて、錦織選手からケンブリッジ飛鳥くんに至るくだりが長い。

そのわりに、私が愛する車はカムリくんだけにも関わらず、やっぱり「スーパースター的車」は良いよねぇ~、かっこいいよねぇ~、というマセラティ談義になるはずが、中途半端に。

スーパースター的車の中で、マセラティが一番好きなのは、そのエンブレムのかっこよさゆえです。

downwardleft マセラティの最近のかっこいい姿

Maserati_emblem1_3

downwardleft 車の前に見えるエンブレムをクローズアップ!

Maserati_emblem2

これは、海神ネプチューンがもっている槍の形をモチーフにしたものだそうですが、ほれぼれする形です。

これがお顔についているマセラティの車、自然とかっこよく見えるわけです。

Maserati

冴えない丸っこいT形のカムリくんのエンブレムとは大違いです。しかも、我がカムリくんの3倍はするかというお値段の車。これがあこがれずにはいられましょうか。しかし、何度も言うようですが、カムリくんを買い替えるつもりはありませんから!

あー、何の話だったか。

そうそう、それで、フェイスブックでの投稿も中途半端なままに終わっております。

比較的たくさん投稿しているのはツイッターです。たった140字しか書けないのだから一番窮屈そうですが、型が決まっているので、タイムラインに流れる時に、インスタやFBのような違和感が比較的少ないというのもあったかもしれません。

しかし、それでも140字めい一杯に書こうとし、140字以内に収まるように推敲して投稿するうちに、うーん、こういうのでもないんだろうなぁ、ツイッターというのは。という違和感が。

それで、去年の秋に観た映画『君の名は。』の感想をツイートした後、これも放置状態に。考えてみれば、ブログを休んで他の方法を模索している間に、他の方法をすべて休止してしまったという顛末になってしまいました。

ツイッターについては、その後、選択科目のスワヒリ語の授業で記念撮影をしたんですが、その写真を学生さんと共有するにあたり、ツイッターにアップしました。

私のツイッターは こちら

その時に、学生さん世代ではフェイスブックではなく、ツイッターの方が主流でかつ、よりプライベートな使われ方をしているんだということを知りました。そういうプライベートな使い方をしていない私としては、「やっぱり違うなぁ」感がいや増してしまった次第です。

ということで、結局ブログに回帰。

これはたぶん、「50代SNSのつき合い方」という問題ではなく、私個人の、まずブログから始めたという来歴によるものなのでしょう。長々と長文を書き、なんとなくパブリックな場に公開し、読んでくれる人がいればそれでありがたい、という感じの。

コメントに対する返信も勢い長々と長文になり、それがまぁ、コメントのしにくさを誘っているのかもしれませんが、こればっかりは改まらない性分なので、コメントいただける人には(いつものように)暑苦しい長文コメントをお返しさせていただき、コメントいただけない人にも「いつも読んでくれてありがとう」と心の中で思っております! というようにしたいと思います。

というような記事ですが、いつも、読んでくれて、ありがとうございます。

« 卒業式の3月 | トップページ | 七海 七海 »

コメント

「あ、そういえば今日で4月も終わりだ…」とふと思い、こちらへお邪魔しました。いつも暑苦しいコメントを寄せております、のせぽんでございます(^w^)
そうか、私がこちらに書かせていただいている、何なら自分の個人的な近況なんかもふんだんに盛り込んでいるコメントも、全世界の皆さまからアクセス可能な訳ですよね。私はそんな事は気にせず、シスター淳子さまと月1で通信させていただける貴重なツールとして、ここのブログのコメント欄を利用させていただいていますよ(*´ω`*)。それに、インストのコメントも、よくよく見たら私だけ…(笑) そう言えば、スワヒリ語読書会の初期メンバーで、今は九州に住んでいるAさんからのいつぞやの年賀状に、「あのブログのコメント欄で、Nさんの(=私)近況を見ています」と書かれてました(笑)

大変おこがましいとは重々承知していますが、シスターと私は文章の書き方がどこか似ているような気がいたします。あれもこれもと欲張って、ついつい長くなってしまうところなど特に…。
私はシスターからの長いお返事コメントを、いつもとても楽しみにしていますよ♪あっさり一言だけ…なんて寂しいです( ノД`)… 今後ともよろしくお願いいたします。

私は今日生まれて初めてツイッターに入ったよ!

確かに、ツイッターは『呟き』だから、長くないのが普通なのかもね。でも、どういう使い方をしなくっちゃいけないということもないし、50代には50代の、Junko さんには Junko さんの使い方が有ってもいいんじゃない?

私は長い文章が書けないので、Junko さんのブログを、流石大学の先生だ、文章が旨いなぁ、と思いながら、読ませて頂いております。これからも、毎月月末、楽しい記事を期待しています。

memopencil シスターのせぽんさま

いつも、暑苦しい・・・、あ、ちがう、熱いコメントを、ありがとうございます note

のせぽんさまのコメントがあるからこそ、毎月、「あ、そろそろ月末のご報告を」と思い出させていただいているといっても、過言ではありません sign01

独り言のように、好きなことを書いているブログでさえ、やっぱり「読んでくれている人がいる」というのが励みになって、続けられるもんなんだなぁ、とつくづくと実感しています。感謝 heart02

> 私はそんな事は気にせず、シスター淳子さまと月1で通信させていただける貴重なツールとして、ここのブログのコメント欄を利用させていただいていますよ

ほんとに感謝 heart02 でございますよ、シスター。「特にコメントすることないなぁ」という時もおありかと思いますのに・・・。ま、そういう時は、遠慮なく「ノーコメント」で読み飛ばしてくださいね。(っていうと、これ、もう、逆にプレッシャー sign02)

> それに、インスタのコメントも、よくよく見たら私だけ…(笑)

はは、そう言えば、そうですね・・・ sweat02
お手数をおかけしました。やっぱり、こちらに集約させていただくわね。

> スワヒリ語読書会の初期メンバーで、今は九州に住んでいるAさんからのいつぞやの年賀状に、「あのブログのコメント欄で、Nさんの(=私)近況を見ています」と書かれてました(笑)

そうそう、いつぞやも、そのようなことをお聞きして、ちょっと疑問に思ったのですが、Aさん、フェイスブックとか、されてない?

A瀬さん!(←呼びかけ)、ごぶさたしております! フェイスブックでは、シスターのせぽんの、マラソンやお食事会や神社巡りやご旅行の様子など、盛りだくさんの近況がとても楽しめますよ、ぜひ note

> シスターと私は文章の書き方がどこか似ているような気がいたします。あれもこれもと欲張って、ついつい長くなってしまうところなど特に…。

そうなんですよね、あれもこれもと、今もこうして、ずいぶん長くなってしまって!
でも、シスターは長文っていうだけでなく、投稿の頻度とコメントのマメさが私とは全然ちがっていて、いつもそれがスゴイ sign01 とリスペクトしております。それが、私にはできない・・・ sweat02

まぁ、普段のご活動やアクティヴィティのアクティヴさ、っていうんですかね? が全然違うからなんですが、それプラス、みなさんへのコメントなどでの「励まし力」も、ちがうんだなぁ~、と感心しております heart04

うん、「励まし力」。みなさんへの「愛」ですね shine

シスターの「愛」あふれるコメントがみなさんを勇気づけ・・・、うん? 長くなって「褒め殺し」みたいになってきた?

そうよね~、長々と長文を書きすぎると、だんだん言葉がうす~くなってきて、重みにかけるわよねぇ~ sweat02

ということで、今後とも細く長~く、おつきあいいただけたら幸いです kissmarknotes

mailpencil K子さま

初ツイッター入り、おめでとうございます happy01heart

どうですか、ツイッター? 見てみても、もう一つ 「?」 って感じじゃない? 私も最初の頃は、いろいろとフォローして眺めたり、ツイートしてみたりしましたが、最近はあふれるタイムラインの情報にアップアップして、縁遠くなってしまいました sweat02

> 50代には50代の、Junko さんには Junko さんの使い方が有ってもいいんじゃない?

そうなんですよね。
それが、私一人、その「使い方難民」みたいな感じに陥ってしまって・・・ dash
物ごころついた頃からスマホが必需品みたいに身の回りにある今の若い子たちとでは、50代、もう、これ、全然違うんだろうなぁ、と思ったりもしてます。

> Junko さんのブログを、流石大学の先生だ、文章が旨いなぁ、と思いながら、読ませて頂いております。

ありがとうございます heart04
しかし、「大学の先生」が書くような文章ではない、ということだけは明白でしてsweat02
たまに、自分が大学の教員であることと、世間からみた「大学教員の像」のギャップに驚くことがあります dash
まぁ、今さら「大学の先生」らしくもなれないのは分かっているので、このままいくしかないか、と思っているところですが、それでもちょっと、(これでも)いろいろなところで「自制」しているところがあって、それはそれで嫌だなぁ、と思ったりはしています・・・。

K子さんのブログ、私も楽しみにしています shine
K子さんらしい、「印象的」なエントリーで、あー、そういうところに気が付くんだなぁ、と思ったりします note
さきほど拝見したエントリー、フランス語のCM、あー、K子さんはこれを見て全部分かるんだぁ(あ、当然ですよね?)と、内容のまったく分からない私は、もう感心しきりでしたheart02

Adieu kissmarknotes

ご無沙汰してます,A瀬です。呼ばれたようなので出てきました~。

フェイスブック,たのしそうですね。私はつながりたくない人とつながってしまうことの方を恐れて,やらずにいます (^ ^;

私にはここのブログをたびたび覗きに来るぐらいがちょうどいいです。月に一度,大好きな先生・先輩方のおしゃべりが聞ける――。共研にいる気分になります。(あ,まだE棟の時代の共研…。)たのしいです。ブログが休止の間は本当にさみしかったです。

これからもブログたのしみにしています!

heart04 A瀬さ~ん sign01

コメント、ありがとう!
お呼びだてしちゃったみたいで申し訳ない。
でも、久しぶりに「再会」できたようで、とても嬉しいです heart01


> フェイスブック,たのしそうですね。私はつながりたくない人とつながってしまうことの方を恐れて,やらずにいます (^ ^;

そうなんですね。
「つながりたくない人」、いますもんねぇ~ sweat01
でも、そう言っていたM崎さんも、最近始められたようですよ。
これも時勢の流れか!?

まぁ、でも、時勢の流れで始めた私も、結局ここに回帰してきているので、A瀬さんの「ちょうどいい」感覚は、あっているのかもね good

> 共研にいる気分になります。(あ,まだE棟の時代の共研…。)

あー、そうそう、E棟時代の共研!
なつかしいですねぇ。
A瀬さんと一緒に、共研の大掃除をしたのはいつだっけ、と思って、このブログを見直してみると、2009年3月のことだと分かりました。もう、8年前になるんですねぇ~ end

そのページはこちらです↓
http://komojunko.cocolog-nifty.com/with_taroo/2009/03/post-6af7.html

若かりし頃のA瀬さんのお姿が!
いやぁ~、ほんと、なつかしいです・・・。

いまは、A棟のほうに移り、またしばらくしたら、キャンパス自体も移ってしまいます・・・。時代の流れとはいえ、いろんなことが変わっていくことが、こうしてみると寂しくもありますね・・・。

また、いつか機会があれば、大学にも遊びに来てくださいね。移転前の見納めの時にでも sign01

Tutaonana tena Mungu akijaalia.
Nakutakia maisha mema heart02

あっ、A瀬さんだ!お久しぶりです!ここ数年、年賀状だけの交流になって寂しく思っていたところです。シスターJunkoさまの懐かしいブログも読ませていただきました。シスターが執筆なさったテキストの付属CDを聴けば、いつでもA先生とSちゃんの懐かしい声が聴けるんですね(*´ω`*) スワヒリ語読書会の月例会も、かつてはE棟の共同研究室でやってたんでしたっけね。あれ?私が現役の頃はD棟ではなかったかな?そして、現在の共同研究室は、A棟ではなくB棟ですよね?毎月お世話になっております(о´∀`о)

facebook、確かに繋がりたくないヒトとの繋がりに悩まされることはありますね。今はヘビーユーザーの私も、かつてはfacebook上での人間関係で神経をすり減らしたこともありました。しかし、私の場合はデメリットの何倍もメリットがあったので(中学時代のペンパルのフィンランド人との再会が最たるものでした)、繋がりたくない人にはそれなりの対策をとりつつ、facebookの利点を享受しています。現在のデメリットとしては、友達の数がふえた分、日々アップされる情報が多すぎて、facebookを見るのに時間を費やしすぎていることです(^_^;)

A瀬さん、久しぶりに読書会あらため読み会にも参加してくださいねー!夏合宿とか忘年会だけでも大歓迎です!シスターJunkoさま、また長々と失礼しましたー(^_^;)

pencil シスターのせぽんさま sign01

年賀状以外で、こうしてシスターからのダイレクトメッセージを見ることができて、A瀬さんもきっと、お喜びのことと思います heart02

> あれ?私が現役の頃はD棟ではなかったかな?そして、現在の共同研究室は、A棟ではなくB棟ですよね?

そうそう、失礼しました、B棟でした!
E棟から「遠くに移ってきた」という印象があるので、ついA棟と言ってしまうことが多いです sweat01

そういえば、私たちのころはD棟でしたね。今から考えると、とても狭い共研でしたが、中島先生の研究室がとなりで、宮本先生の研究室が向かいで、と、ととても懐かしいです chair

あれから、E棟に移って、そしてB棟・・・。これでいよいよ「打ち止め」ですね sweat02

> 今はヘビーユーザーの私も、かつてはfacebook上での人間関係で神経をすり減らしたこともありました。

おー、シスターでもそのようなことが sign02
いや、ほんと、ちょっとしたことですが、気を使うことがありますね。シスターはもう、場数を踏んで慣れて、今は最大限にメリットを活用されてますよね good

> 現在のデメリットとしては、友達の数がふえた分、日々アップされる情報が多すぎて、facebookを見るのに時間を費やしすぎていることです(^_^;)

そうそう、それはありますよね!
一度見始めると、あっという間に時間がたってしまうので、最近はあまり見ないようになりました sweat02
見ても、「流し見」的な・・・。
それで、変に気を遣う私は、「いいね!」をする人としない人がいては悪いような気がして、「いいね!」をすることも控えるように・・・ sweat02

ということで、最近シスターの記事に私からの「いいね!」が少なくなっていても、のぞいてはいますので eyeheart04

というような、変な気の使い方をしてしまうおそれがあることを、A瀬さんは察知して、やっていらっしゃらないんでしょうね、という点は確かに、そうだと思いましてよ、A瀬さん note

おっと、シスターからA瀬さんへのコメントに対して、私も長ながと、失礼しましたぁ paper

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 卒業式の3月 | トップページ | 七海 七海 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ