« 私は私のままでありたい | トップページ | 2つの卒業式 »

2018年2月28日 (水)

Memento Mori

2014年2月16日に、七海の祖母であるところの、ダンナのお母さんが亡くなった。

その時のこと → 「さよなら、ばーば」

あれからちょうど4年となる、2018年2月15日に、その夫であるところの、七海の祖父である、ダンナのお父さんが亡くなった。

享年90。 「大往生」と言っていい人生の終幕だった。ただ、その最後の4年間は、「妻に先立たれた夫」の典型のような人生であり、人生の「消化試合」のような4年間であったようにも、みえる。

義父は、ダンナとダンナのお姉さん、ダンナの叔父であるところの弟夫婦、それに1日に3回訪問してくれるヘルパーさんたちの全力の支えでもって、4年間の自宅での一人暮らしをまっとうした。

臨終に際して、大泣きしてくれたというヘルパーさん。出棺に際して、棺のそばで涙を流していた叔父さん。

お義母さんの時は泣けたけど、お義父さんの時は、申し訳ないけど、の嫁。

昨年、実父を見送った時も、さほど泣くことはなかった。 → 「さよなら&ありがとう、ジージ」

さすがに、慣れた。 
通夜、葬儀の段取りも、だいたい、把握した。 
順番に見送っていく、というのは、こういうことなんだろうなぁ、と思う。

20180216a

七海:「天国でばーばと仲良く暮らしてくださいね」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一番泣けたのは、同僚のT村さんのお母さんが亡くなった時だったかもしれない。2012年の秋、まだ70歳という若さと、T村さんとお母さんの結びつきの強さを思うと、それだけで泣けた。

あれから5年余りの間に、いろいろな人を見送った。
T村さんのお父さんも、Y田N子のお母さんも。それから、大学院の時の恩師二人も。

自分たちの両親はまだ健在だなぁ、と思っていると突然に義母が逝き、昨年は実父が旅立ち、今年は義父も逝った

ここによくコメントくれるNoraさまのお父様も、シスターのせぽんのお父様も旅立たれた。

高校時代の恩師や、義兄・義弟の父上といった、やや離れた親戚縁者も入れると、まさに「数え切れない」くらい
の人々が逝ってしまった。

『ぐるナイ』の「ごちになります!」で馴染んでいた大杉漣さんの訃報にも驚かされた。

まさに、Memento Mori. ー 死を想え。

これは、自分の死について、いつも覚悟しておかなければならないという意味らしいが、今はまだ、「見送る側」の心構えのように思ってしまう。

誰がいつ、突然亡くなっても、おかしくないのだ、覚悟しておけ、と。

そう思うと、ほぼ「寿命をまっとうした」くらいの年齢で亡くなるのは、幸せなことだと思える。「まだもう少し寿命があるはずなのに」というのは、悲しい。「昨日まで、元気だったのに」というのは、もっと悲しい。

それもこれも、みんな、残された側の感情だ。亡くなる人の無念や思いは、どのようなものだろうか。

自分が死ぬ時に、何を思うのか。

Memento Mori.

いつ死んでもいいように、日々心がけて過ごし、死んだあとのことも考えて、身の回りを整理しておき、通帳や印鑑など、何がどこにあるかも、残された人が分かるようにしておき、・・・、などといった境地には、まだまだ立てませんけどね。

そんな整理をし始めると、まるで、明日にでも自分が死にそうな気がして、いやだしなぁ。

こうして、いろいろな人を見送りながら、自分の番を待つことになるんだろうけど、それでも、いまわの際まで、自分は死なない、と思いながら、過ごすんだろうなぁ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あっ、そうだ。

私のハンドルネーム(というほどのものでもありませんが)、K森 Junko あらため、M.森 Junko にしたいと思
います。

これからは、こちらでは、「M.森さん」と呼んでください。(ピリオドも意識しつつ)

そして、数年がたったころ、初めてこちらを訪問してくださった方が、「あれ、K森さんなのに、どうして、M.森さんって、呼ばれているんだろう (しかも、ピリオド付き)」 と気づいた時に、「M.」が何の略なのか、そっと教えてあげてください。

きっと、その深さに驚愕することでしょう。

(って、せんか。)

« 私は私のままでありたい | トップページ | 2つの卒業式 »

コメント

え?
M. って、何の意味?Moment Mori の Mori ?
それじゃぁ、モリモリさんになっちゃうよねぇ?

ゴメンなさ~い、なんでも茶化してしまう性格なもので。

きゃ~、K子さま heart04

「Memento 森」、略して、「M.森」 Junko でございますnote

わーおっ、その「深さ」に驚愕した sign02

ゴメンなさ~い、なんでも茶化してしまう性格なもので sweat01

でも、リアル世界でお会いした時は、「K森さん」と呼んでね heart02

今度こそまた、お目にかかりたく存じます virgoheart04


M.森 Junkoさま。深いですね。あ、でも私は引き続きシスターJunkoさまと呼ばせていただいてよいでしょうか?😁
義父様のご逝去に際し、心よりお悔やみ申し上げます。また、私の父もブログに登場させていただき、ありがとうございます!今頃、シスターJunkoさまやT村先生のお父様とあの世でお目にかかって、みんなでブログを読んで語り合っているかもしれませんね(笑) 私はまだまだ見送ることに慣れてはいませんが、来週には自分が所属する神職の団体で開催される、神葬祭(神道式のお葬式)の研修会に参加する予定です。いつもこの類いの研修会は平日に行われるため、兼業神主の私は滅多に参加しないのですが、神葬祭にはなぜかとても興味があり、勉強しようと思って。
私などは、おそらくこの先も結婚することも子供に恵まれることもないので、自分自身の身仕舞いの仕方を真剣に考えねばなりません。幸いなのは、想いを遺していく人がいないという点でしょうか。死ぬ時に犬を飼っていたら、その犬のことが心残りになるくらいかな?しかし、持ち物の多い私なので、徐々にものを減らすこを心がけねば、と思っています。
とはいえ、シスター、私達まだまだ若いのですから、シスターの義父様のように元気で天寿を全うできるよう頑張りましょう♪

night シスターのせぽん さま


お悔やみのお言葉、ありがとうございます clover

義父もいまごろ、冥途への道行きでしょうか。
あの世では、シスターのお父様と、うちの父が待っていますね cute


> みんなでブログを読んで語り合っているかもしれませんね(笑)

ははは sweat02
うちの父や義父なんかは、葬儀で涙もなかった子どもたちの薄情な感じ・・・、いや、「あっさりとした感じ」 heart01 を、苦々しく思っているかもしれませんね。

「それに比べて、おたくのとこは、よろしぃなぁ~。 こっちの世界にきても、誕生日を祝ってもらってえて! ようできた娘さんや!」って、うちの父は、シスターのお父様に、うらやましげに言っているような気がします sweat01


> 来週には自分が所属する神職の団体で開催される、神葬祭(神道式のお葬式)の研修会に参加する予定です。

おー、すばらしい note
研修会でお勉強されたら、神葬祭をとりおこなうこともできるようになるのですか?

お葬式を何度も経験すると、お坊さんにしろ、神主さんにしろ、神父さんにしろ、亡くなった人の霊を慰める仕事というのは、なんと尊いものかと、つくづくと思うようになりました。

「亡くなった人に祈りを捧げる」 というのも、形式的な側面でしかとらえていませんでしたが、最近は、生きている人にとっても、最も大事なことではないだろうか、と思うようになりました。


> 幸いなのは、想いを遺していく人がいないという点でしょうか。死ぬ時に犬を飼っていたら、その犬のことが心残りになるくらいかな?。

いやぁ~、わかりませんよ~。
私も、死ぬ時に何を想うか分かりませんが、なんか、いろんなことが、心残りになりそう・・・ sweat02
少なくとも、シスターの周りの人々は、残される時には、想いがいっぱいあふれるのではないでしょうか。


> しかし、持ち物の多い私なので、徐々にものを減らすこを心がけねば、と思っています。

まぁ、それは、そうですね。
義父の家、ついに誰もいなくなりましたが、「これらの物物・・は、一体どうすればいいんだ!?」というくらい、えげつない状態ですから typhoon

あ、シスターと、昭和ヒトケタ生まれの義父を比べてはダメですね sweat02
昭和ヒトケタ生れの人は、うちの実父も含めて、まぁ、物を捨てないですから・・・r-markng


> とはいえ、シスター、私達まだまだ若いのですから、シスターの義父様のように元気で天寿を全うできるよう頑張りましょう♪

おー punch
そうですよ、そうですよね sign01
まだ、私たちの「終活」のことは、先の「茶飲み話」にとっておきましょう japanesetea

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私は私のままでありたい | トップページ | 2つの卒業式 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ