« 2つの卒業式 | トップページ | 肉体的五月病 »

2018年4月30日 (月)

新しいことと、変わらないこと

2018年度が始まりました。

今年度は、七海がいよいよ中学生になった! という新しい年度です。

新しい生活に胸を膨らませて始まった4月ですが、のっけから、つまずいております、制服に!

20180409a

upwardright 七海:「制服は、セーラー服にスカート。制カバンは肩掛けなので、やや持ちにく~い。ランドセルがよかったなぁ。」

もちろん、七海は制服を着るのが楽しみで仕方なかったし、毎日、楽しく登校している。

しかし、制服って、思っていたよりずっと煩わしい衣服なのでありました。

まず第一に、ずっとズボンしか穿いていなかった七海が、いきなり毎日、スカート!

腰のところのカギホック、っていうんですか? あれを留めて、ファスナーをあげて、プリーツの正面がちゃんと前にくるように穿く、これがまず一苦労。しかも、スカートがめくれないように、あるいは適正にさばきながら、一日を過ごすのは、思ったより大変なんじゃないかと推察される。

考えてみれば、スカートというのは、かなり「非・行動的」な衣服であって、中学生の学校生活には、実用的ではないんじゃないかと思う。

それが証拠に、七海の中学校では、登下校は制服が義務付けられているが、学校内では体操服で行動してもよいということで、七海は学校に着くと、体操服に着替えて一日を過ごしているらしい。他の女子たちも、多くはそうしているらしい。

だったら、制服なんか、なくてもいいじゃん!

と、実用一直線の母は思うわけだが、そこはそれ、伝統やら習慣やら惰性やら思い込みやら、ついでに、業者さんたちの喰いっぷちやらで、そう簡単には変えられない、変わらない、変えませんから! の、事情があるのでしょう。

七海にとってさらに煩わしいのは、セーラー服の胸のところにある、三角形の当て布のようなものを留める作業。

逆三角形の布の左辺は縫い付けてあり、右辺をポチ、ポチ、ポチッと、3つの小さなスナップ・ボタンで留めるようになっている。

これ、普通の人なら何てことないんですが、これが七海には難しくて!

こういうスナップボタンって、自分がやる時のことを思い返してみると、上からボタンのついている布をかぶせて、指で位置を確かめながら、人差し指あるは親指で、上からポチッと押さえていると思うのですが、どうやら七海は、この「指で位置を確かめながら」というのが、できないらしい。

両手で、一つ一つのボタンをもって、自分の目で見ようと最大限に持ちあげて、スナップボタンの凸と凹を合わせようとする。その時点で、布の向きが反対?になっていて、次のボタンを留めようとすると、無理な力がかかるので、一つ目のボタンがはずれる。

もう、目もあてられない、というか、その「不器用さ満開」が情けない、というか、かわいそうというか・・・。

「自分でできるようにならないと!」と思って見守るが、登校時間に遅れるという影響が出るほどになり、結局私が留めてやることになる。

何日か試行錯誤したが、七海の技術向上を待っていられなくなり、ついに制服屋さんに相談して、スナップボタンをマジックテープボタン(というのでしょうか?)に替えてもらうことになりました。やれやれ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

「制服問題」が片付いたと思ったら、今度は、体育館シューズ問題。

学校指定の体育館シューズは、ひもで結ぶタイプで、靴ひもを蝶結びにしなければならない。春休みに猛特訓したが、学校の先生に言わせると、最後のところは結局、先生に結んでもらっているらしい。

先生:「学校でも蝶結びの練習はしますが、どうしても集会とか、みんなと一緒に行動しなければならない時に遅れるので、マジックテープタイプのシューズを用意してもらったほうが・・・」

ということで、これまた、七海だけ特別なシューズを用意することに。

あー、それなら、はじめっから、マジックテープのシューズを買っていたのに!

上履きも、学校指定なんですが、これは事前に「無理!」を予見して、七海だけ特別な上履きでもいいと了承をもらっていました。

学校指定の上履きは、クロックス風のサンダルみたいなもの。「こんな草履みたいなのが上履き!?」と、中学入学説明会で見た時は驚きましたが、草履・スリッパ類がうまく履けない七海が、これを履いて、階段を上り下りするとどうなるか。これは火を見るより明らかに予見されましたので、事前に、上履きは違うものを用意させてくれと、中学校にお願いしておきました。

もちろん、しょうとく園のころより愛用の、アシックス・すくすくシリーズの上靴で!

体育館シューズまでは予見できなかったのが、悔やまれます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

かように、七海の中学校生活のスタートは、「想定外」の波乱含みでありましたが、本人は環境の変化に揉まれながらも、楽しく毎日を送っているようです。

しかし、思うに、これほど「多様性」が尊重される時代において、学校指定の制服、学校指定のカバン、学校指定の上履き、学校指定の体育館シューズ、学校指定の・・・、その他多数。しかも、初期費用だけでも10万円近く。公立の中学校において。これはもう少し、見直されてもいいのではないでしょうか。

まぁ、自分自身は、中学・高校と、制服に疑義も嫌気も感じたことはなく、喜んで従ってきたほうですが、それはやはり、自分が「メジャー側」にいたからなんだな、と今さらながらに思います。七海のような「マイナー側」に立って初めて、そのメインストリームに疑問をもつことになる。

最近は「性自認」などに対する理解も深まって、制服も選択肢が広まりつつあるらしいが、そもそも、中学や高校で「制服」って必要なのか、というのが、根本的な問題としてあるように思います。

ま、しかし、これは、私がこの1か月ほどに、急に感じた「問題意識」なので、泡沫候補的問題にすぎないのも事実でありますが。

(「本命候補的問題」は、たとえば、「夫婦別姓問題」とか、「女人禁制問題」とか、ですかね。いずれも、「マイナー側」から声が上がり、これがもう、すでに「マイナー」でなくなっている、という感じの問題でしょうね。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

七海の新しい生活とは対照的に、また、同じ新年度の始まりの私。

例年のごとく、新入生を迎え、一からまた、「こんにちわ」-「こんにちわ」。

特に今年の火曜日は、

2限:バンバラ語、3限:1年生スワヒリ語、5限:初級スワヒリ語

という、語学の授業が3連チャン。しかも、全部、初級。

ということで、この1カ月、火曜日は、挨拶&自己紹介ばかりしている。

「こんにちわ」ー「こんにちわ」

「おはようございます」-「おはようございます」

「お元気ですか」-「はい、元気です」

「ご家族のみなさん、元気ですか」-「はい、元気です」

「あなたの名前は何ですか」-「私の名前はヨーコです/私の名前はジギです」

「あなたはどこから来ましたか」-「私は大阪から来ました/私はマリから来ました」

「さようなら」-「さようなら」

これを1日3回、いや、5回、いや、10回くらいは言ってるなぁ、スワヒリ語&バンバラ語で。

Hujambo? - Sijambo.

Habari ya asubuhi? - Nzuri sana.

Habari gani? - Salama tu.

Nyumbani wote hawajambo? - Hawajambo.

Jina lako ni nani? - Jina langu ni Yoko.

Unatoka wapi? - Ninatoka Osaka.

Kwa heri. - Kwa heri.

私は、基本的には「語学教師」体質で、これを何度も言って、何度も学生にリピートさせないと気がすまない。

毎年毎年、4月はあらたな気分で、Hujambo? - Sijambo.

バンバラ語は、テープを流して学生にリピートさせる。自分も一緒にリピートする。

I ni tilen. - Nba,i ni tilen.

I ni sɔgɔma. - Nse,i ni sɔgɔma.

I ka kɛnɛ wa? - Tɔɔrɔ tɛ.

Somɔgɔw ka kɛnɛ wa? - Tɔɔrɔ t'u la.

I tɔgɔ bɛ di? - Ne tɔgɔ ko Jigi.

I bɛ bɔ min? - Ne bɛ bɔ Mali.

K'an bɛn. - K'an bɛn.

これらの例文が、私の頭の中を、ずっと巡っていた4月でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

そのおかげか、朗報が一つ!

年明けから、「爆買い」していた『大人のカロリミット』ですが、もちろん、大方の想像通り、効果は見られておりません。史上最重体重ラインをはさんで、一進一退の攻防戦を繰り広げながら、3か月が経ちました。

効果が見られないどころか、毎日4粒飲み続けていたら、若干めまいのようなものを感じる時があって、飲むのを控えたり、3粒に減らして休み休みのんだり。爆買いカロリミットがまだ、大量に残っています。とほほ。

20180131

そんなとほほ状態にもかかわらず、この4月からの1カ月で、気が付けば、2キロ減量という朗報が!

そう、これは、とりもなおさず、授業での大声発声のたまものなのでしょう。

アーンド、なんやかんやで、七海の件に対する母・神経消耗が効いたのでしょうか!?

ちょっと、やつれました、みたいな?

きゃぁ!(← 嬉しい悲鳴)

« 2つの卒業式 | トップページ | 肉体的五月病 »

コメント

七海ちゃん、制服、とてもお似合いよ。
でも、大きなカバンは重たそうね。中学生は大変ね。

セーラー服の胸のボタン、そう言えば私だって、ポンポンと留めたら、あ、一段ずれてた、ってことあったな。スカートだって、動いているうちにクルクル回って、正面が横に来ていたり。。。

ねぇ、春休みに練習したからって、急に出来る様にならないよねぇ。ボタン留めとか靴の紐結びとかさ。ちょっとづつ出来るようになればいいんだから。お母様や先生達はせっかちね。七海ちゃんは、そんな大人達に負けずに頑張ってね。

ribbon K子おばちゃま heart01

ななみです virgo

ついに中学生になりました note
中学生活は、いろいろとむずかしいことが多くて  sweat01

そんななか、あたたかいおことばをありがとうございます heart04

そうなんだっ!
ママも、先生も、「せっかち」 っていうんだ sign01
よい言葉をおしえてくれて、ありがとうございます flair

そう、せっかち flair すぎるんですよねsign01
急に、あれも、これも! 
はい、みんなに、合わせて!
いそいで、急いで!

って、わたしには、たいへんなんだから impact

ということを、K子おばちゃまは、よく分かっていてくれて、うれしいです heart02

制服は、なんとかひとりで着れるようになったけど、スカートは、ぐるぐる回るし、セーラー服はうごきにくいし、カバンはまいにち重いし・・・ sweat02 で、ヘトヘトだったけど、4月がおわるころになって、ようやく、ちょっと慣れてきました penguin

ところで、K子おばちゃまが着るドレスを、ママがパソコンで見せてくれました notes

すごくステキなドレスですね kissmark

わたしも大きくなったら、あんなドレスをきてみたいです heart

まだ、しばらくは、制服を着こなすのにせいいっぱいのななみですが dash

Oh, セーラー服、J'en ai marre!
おぼえたよ heart01

七海ちゃん 中学入学おめでとうございます。セーラー服には私も初めの頃は苦労しました。ヒダスカートで重いし、上はスース―するし。最終的には、みんな体操服を下に着て、セーラー服をその上から着てました。一応どちらも学校指定の物を着用しているわけだから、先生も黙認してました。
でも、七海ちゃんが楽しく学校へ行かれている様子、何よりです♪Junko先生もお体気をつけてくださいね。


ribbon Nora おばちゃま cute

ななみです virgo
お祝いのおことば、ありがとうございます heart02

中学生活は、きたいどおりに楽しいけれど、ママのいうところの「そうてい外」のことが多くて、私もけっこう、あわてました dash

> セーラー服には私も初めの頃は苦労しました。ヒダスカートで重いし、上はスース―するし。

Nora おばちゃまもそうだったんですね sign01
これって、ずっとむかしから、中学女子が感じるもんだいだったんですね flair

なのに、ずっと変わらず、着続けられているセーラー服も、すごいですね punch

> 最終的には、みんな体操服を下に着て、セーラー服をその上から着てました。

わー、これも、ななみのところと一緒だぁ shine

でも私は、スカートの下に、長ズボンの体操服を着ていこうとしたら、これは、「かかし」と呼ばれている「みっともない」格好だからやめなさい、と先生に注意されました sweat02

「かかし」ってsign02

それで、学校についてから、スカートから、長ズボンにはき替えています。ほんとに、あのスカートは、重くて、うごきにくいです typhoon

> でも、七海ちゃんが楽しく学校へ行かれている様子、何よりです♪

ありがとうございます heart04

みんなと同じようには、なかなかできないけれど、学校へ行って、先生や友達といっしょに、いろいろな活動をするのが、楽しいです。

5月のおわりごろには、1泊の「宿泊合宿」があって、それがチョー楽しみです note

ママは、4月の「猛ダッシュ」がきいたのか、この連休は、やや風邪気味です sweat02

Nora おばちゃまも、「お体ご自愛ください」って、ママからの伝言です kissmark


七海ちゃん、中学校ご入学おめでとうございます!このゴールデンウィークで、ほっと一息ついているところかな?
中学校は、小学校に比べるとなんやかんやと決まり事が多くて窮屈だよね。だけど、七海ちゃんは七海ちゃんのペースで頑張ればいいと思うよ♪中学生になった七海ちゃんにまた会えるのを楽しみにしてるねー♪
シスターJunkoさま、お痩せに(おやつれに?)なったとのこと、おめでとうございます!声を出すのもエネルギーを消費しますもんねー。私は相変わらずですよ。歳のせいか、疲労回復に時間がかかるようになってきました。そうそう、スワヒリ語読み会が今月13日の月例経済報告で150回目を迎えます!箕面キャンパスが閉鎖されるまでは何とか続けていけたらと思っていますので、また忘年会にはご参加くださいね!

ribbon のせぽんおばちゃま shoe

ななみです virgo

お祝いのおことば、ありがとうございます heart04
ななみもついに中学生になったけど、まだまだ小学生にみられます sweat02

> このゴールデンウィークで、ほっと一息ついているところかな?

4連休は、お墓参りにいったり、近所のショッピングモールへつれていってもらったり、とても「ショボい」「ゴールデン」ウィークでした dash

> 中学校は、小学校に比べるとなんやかんやと決まり事が多くて窮屈だよね。

ほんとにそうです sign01
小学校では、あんなに自由に、みんな好きなかっこうで学校にいってたのに、今は、靴下の色も、白と黒だけ! とか決まっていて、びっくりです mobaq

> 七海ちゃんは七海ちゃんのペースで頑張ればいいと思うよ♪

ありがとうございます heart02
ともだちたちは、みんな、すっかり「中学生」で、わたしは、ひとり「小学生」状態で、とまどうことばかりなんですが、すこしずつ、がんばろうとおもっています。まずは、蝶結びの練習から punch


> シスターJunkoさま、お痩せに(おやつれに?)なったとのこと、おめでとうございます!

ありがとうございます shine (← 七海の母、登場sign01

やつれてでもいいから、減ってくれ、体重ぅ~! の願いが少しばかりかないましたが、この連休で、ほぼ、元通りです sweat02

> 歳のせいか、疲労回復に時間がかかるようになってきました。

そうですよねぇ down
もちろん、体重が、かたくなに増え続けるのも、「歳のせい」! ですよねぇ sweat02

シスターのご活躍ぶりをみていると、まだまだ大丈夫かとは思いますが、そうは言っても、忍び寄るのは、「歳のせい」  ですから、polepole で、がんばりましょうね~ spa

> スワヒリ語読み会が今月13日の月例経済報告で150回目を迎えます!

おー、それは、それは! おめでとうございます note
ん? 月例経済報告?

> 箕面キャンパスが閉鎖されるまでは何とか続けていけたらと思っていますので、また忘年会にはご参加くださいね!

いよいよ、あと3年ですね sweat02
「残りの」忘年会も楽しみにしています notes

まだ、実感はないですが、いざ移転となった時には、感慨深いものがあふれそうです typhoon

私はとりあえず、明日からの「日常復帰」が、当面の課題ではありますが。
Shughuli njema!

あっ!「月例経済報告」って何だ!?「月例会」の間違いでした( ; ゚Д゚)
こんな変換ミスに気付かないのも「歳のせい」でしょうかねー(笑)

おー、「月例会」sign01

って、打とうとして、「月例経済報告」って、勝手に変換されちゃうあたり、シスターの普段の「働きぶり」が、垣間見えたかも sign02

今日からまた、お仕事ですね sign01

私も、歳のせいで、すっかり仕事の疲れを持ち越すようになってきましたが、老骨に鞭打って impact がんばりたいと思います punch

Shughuli njema!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2つの卒業式 | トップページ | 肉体的五月病 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ