« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

肉体的五月病

「五月病」というのは、五月の連休を機に、四月からの新生活で張り詰めていた糸が切れ、なんとなくだるい、気分がすぐれないなど、抑うつ的な気分に見舞われることを言うそうです。

確かに大学でも、特に新入生に見かけられる症状です。今年の新入生は、比較的元気で、活発そうな女子が多く、「タンザニアに留学に行きたいです! どうやったら留学できますか?」と、質問してくる学生もいて、「おー、それはすばらしい! じゃぁ、留学した先輩がいるから、話聞いてみたら!」と言ってたのだけど、そのテンションも徐々に下がってきているのが分かる。

4月から新たな目標に向かって張り切っていたけれど、思い描いていた理想とは違う現実が見えてくるにつれて、張り詰めていたものが切れ、4月当初の高揚感も徐々に薄れてくる。

まぁ、「理想と現実のギャップからくる高揚感の喪失」と言ったところでしょうか。

上級生には、そのようなギャップはないですが、4月からの新生活に、それなりにバタバタとしているようで、やはり5月の終わりごろには、「いや、すみません。毎日、なんか忙しくて。ぜんぜん、ゆっくり時間がなくて・・・」と、課題を提出できなかった言い訳などしてくる。

その言い訳を聞きながら、「あー、学生さんも、忙しいんだなぁ」と妙に納得してしまった。

そう思う教員も、五月病です。

毎日が妙にだるい。しかし「抑うつ的な気分」とまではいかないので、「肉体的五月病」と言ったところでしょうか。

4月からの新学期、例年通りの授業をしているだけなんですが、体が妙にだるい。思い当たるところがあるとすれば、昨年より一コマ多く担当している火曜日の語学初級3連続! でしょうか。

それに加えて、課題を提出しない学生さんを怒りすぎたせいもあるかもしれません。

いや、やっぱり、これは「年」のせいでしょうかね。専任になって12年。ずっと同じような授業をし、同じような学生指導をし、同じように学生さんを怒ってきたのだけど、それに疲れを覚えるというのは、やっぱり、年のせいだろうなぁ~。

肉体的五月病の最後のダメ押しは、5月最終週の北海道2泊3日。

アフリカ学会@北海道大学

20180526b_2

発表もしたし、いろんな人に会えて楽しかったし、食べ物もおいしかったし、で、気分的には充実の北海道だったのですが、帰ってからの平日は、使いものにならないくらい、くたびれてしまったのでした。2泊3日の国内旅行で疲れ切るなんて!

回復途上の五月末日。
ほんま、年とってしもたわぁ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

余談:北海道で驚いたことは、札幌駅と北海道大学の近さです。

大阪駅の北西に、今開発中の「うめきた」がありますが、まるで、大阪駅と「うめきた」みたいな感じで、札幌駅と北海道大学が! 近っ!

20180527b

それにしても、札幌駅は大阪駅みたいだし、札幌の中心地は大阪の中心地みたいだし、旅情のない旅ではありました。

20180527a

upwardright 話には聞いていましたが、高層ビル群の谷間にある「時計台」も、気の毒なくらいで。

北海道はきっと、町に滞在しないで、雄大な自然を満喫しにいくところなんでしょうね。

あー、夏に、1か月くらい、北海道で、のんびり過ごしてみたい・・・。
(現実逃避的願望)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ