« 暗い10月 | トップページ | 2019年 新年おめでとうございます »

2018年11月30日 (金)

Y田さん、あらためK井さんのお仕事

私の近しい同僚は二人いて、このブログでは、そのうちの一人を「T村さん」、もう一人を「Y田N子」と書くことが多い。

どうして「Y田N子」とフルネームで書くようになったんだろう、と、すでに忘れかけていた由来を振り返るに、大学時代の友人に「Y田」さんというのがいて、このブログの初期の頃には、そちらのY田さんと区別するために、同僚の方をフルネームで書き始めたのでした。

最近は、そちらのY田さんは、このブログに登場することもなかったのですが、今日は久々の、そして「Y田」さんとしては最後の登場ということになりました。

はい、つまり、Y田さんは結婚されて「K井」さんになったからです。

と言うと、いかにも最近、結婚されて名前が変わった、的なお知らせみたいですが、Y田さんが結婚されたのは十数年前で、それでも「Y田」さんの名前で仕事をされていたような気がして、呼び慣れた名前で呼んでおりました

が、気が付くと、すっかり「K井」さんのお名前で仕事をされているようなので、本日をもって、K井さんとお呼びすることにいたします。

で、その、Y田さんあらためK井さんなんですが、現在は「集英社インターナショナル」という出版社で編集の仕事をされています。

学生時代の友人というのは、いつまでたっても「学生時代のまま」で、卒業後の人生で、どんなことをしているか、くらいは知っていても、それがどんな仕事で、どんな仕事ぶりで、とか、あるいは、どのくらいすごいのか、といったようなことは、詳しくは分からないものだし、知るすべもなかったりします。

ところが先日、K井さんが編集担当をしている作家さんが、うちの大学で講演をするという、なんとも奇跡的な機会がありました。

講演後にお話しをさせてもらったら、K井さんがいかに敏腕な編集者であるかということが明る
みに出て、驚くとともに、大変嬉しく思いました。

いや、「驚く」は、ないな。
それじゃぁ、「えー、K井さんが、そんなに敏腕!?」って驚いているみたいですもんね。

そんなことは、ないです。K井さんが敏腕であろうことは、うすうす気が付いていました。というか、そんなことは、考えてみたこともなかった、というのが実情ですが、考えろ、と言われれば、敏腕です、と答えていただろう、という感じです。

それで、その作家さんが、「ぼくはいろいろな編集者と付き合いがありますが、本当に心から信頼を寄せている編集者は二人だけで、そのうちの一人が彼女です」と、しみじみとおっしゃったので、私はしみじみと嬉しくなり、私のまったく知らない、K井さんの編集者人生に、しみじみと思いを巡らせたのでした。

その作家さんの本には『世界の辺境とハードボイルド室町時代』という本(共著)があるのですが、

51eqwlkznnl__sl500__2

その「あとがき」に、K井さんのお名前があって嬉しくなります。

Photo_2

作家さんの講演会のあとの懇親会で
  (記念写真)

20181030a

左から、Y田N子、作家のT野氏、私K森、T村さん

スワヒリ語専攻の「かしまし娘」に、「T野氏、かわいがられる」の図、と言ったところでしょうか。

T野氏(伏字にするのも意味不明ですが)は、この懇親会、楽しかった、とも、「関西の演芸を満喫した」とも、おっしゃってくださっていたようです。

お礼と宣伝を兼ねて、T野氏の新刊

51rrlsfz6nl__ac_us200__2

何十年も、ものすごくワイルドな活動をされてきた方ですが、私の印象としては、「笑顔がチャーミングな方」、というのが一番の印象でした。

あ、この本は、他社の出版社でしたね。

集英社インターナショナルのK井さんが最近、編集を担当された本には、松本修著『全国マン・チン分布考』があります。

030a

松本修といえば、TV番組『探偵!ナイトスクープ』のプロデューサーであり、かつて『全国アホ・バカ分布考』を著して風靡させた方ですが、満を持して、長年の調査成果をまとめた、第二弾ともいえる本です。

いずれの「分布考」も、「方言周圏論」を裏付ける、言語学のよい教材と言えますが、読者に与えるインパクトは、近著のほうがすぐれていますね。

まぁ、しかし、読んでいるうちに、「タブー語連発」のインパクトはすぐに失せ、松本氏の執拗なまでの探求心と、真相の解明にかける情熱の方が迫ってきて、圧倒される本であります。

『全国マン・チン分布考』の本の詳細は → K井さんの宣伝記事 にてご覧ください。

K井さん、今後のますますのご活躍、大いに期待しておりましてよ!

« 暗い10月 | トップページ | 2019年 新年おめでとうございます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暗い10月 | トップページ | 2019年 新年おめでとうございます »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ